誰にも真似できない、唯一無二の「ブランディング」を行う小松ゆり子さん。それは、まるでクライアントに対するセラピーのように

投稿日:

現在発売中の「セラピスト4月号」に登場している、小松ゆり子さん。

 

 

彼女の秀でた能力と魅力の1つが、自分のストロングポイントを理解し、確立した上で、発信する力だと言えます。

しかも、お客様のニーズに合うものを。

 

この誰にも真似が出来ない、唯一無二の「ブランディング」を的確に行う上で、次のようなことを大切にしているのではないでしょうか。

 

それは、自分の感情や感覚を丁寧に感じてゆくということ。

自身の本質を潜在意識から丹念に掘り出し、それを過不足無く多くの人たちに伝えてゆくということ。

 

セラピストは、クライアントにセラピーを行うとき、様々な方法でクライアントから情報を引き出し、その人にピッタリ合った施術内容を組み立てます。

この、オーダーメイドなアプローチをできることが、良いセラピーを行う上で大切となります。

 

小松さんが自己の強みを見出してゆく過程は、セラピストがクラアイントと向き合う工程に、非常に似ていると言えるでしょう。

スーパーバイザーであるもう1人の自分が、素の自分にアプローチして、強みを引き出してゆく――。

 

現在発売中の「セラピスト4月号」では、お客様の心をつかむ能力に秀でた小松さんが、WebサイトやSNSを使った宣伝と、ライティングの極意について綴っています。

 

編集部I

-
/ /

おすすめ記事

セラピスト4月号、「アロマテラピーの、仕事は楽しい!!」特集

現在発売中の「セラピスト4月号」第1特集は、「アロマテラピーの、仕事は楽しい!!」です。     ア …
no image

「美」について考えさせられた2日間

どうも、編集部のウツギです。 4月21日〜22日にエステティックグランプリの取材に行ってきました。入社当初から頻繁に編集 …
no image

クライアントに気づきを与える「質問力」を身につけよう!

セラピストがクライアントと接する際に最も重要なことは、「聴くこと」です。しかし、「聴く」と一口に言っても、クライアントの …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD