最近よく聞く「フェムケア」「フェムテック」って何ですか?

投稿日:

こんにちは編集部Tです。「フェムテック」「フェムケア」という単語、最近よく耳にしますよね! でも具体的にはどんなものかご存知でしょうか。それぞれFeminine(女性の)とCare(ケア)、Technology(テクノロジー)を組み合わせた造語で、女性が抱える特有のお悩みに特化した技術やメソッドのことを表します。
たとえば“貧困”のワードとともに注目を集めている「生理」をはじめ、女性ホルモン、妊活、膣ケアなどなど、これら全部のお悩みが「フェムケア」「フェムテック」の対象となるということです。私たち女性にとってはお馴染みのキーワードがズラリ、といった感じがありませんか? これまでなかなか大きな声で発言しづらい土壌があったこの分野ですが、堂々とイベントとして開催される場が増えているということで‥‥このたび10月22日(金)〜24日(日)に六本木で開催されていた『FemtechFes! 2021』(主催:fermata 株式会社)に潜入してみました! 「興味はあるけどまだちょっと抵抗がある」「地方ではなかなか足を運べない」といった方もいらっしゃるかと思いますので、今日は少しだけイベントレポートをお送りしてみます。

会場入ってすぐ目に飛び込んできたのが、生理用アプリで知られるルナルナとTWANYのコラボブース。女性の1日、1カ月、1年という周期に着目した健やかな美容を提案していた

「タブーをワクワクに変える」を掲げ、世界中の最新フェムテック製品に直接触れることのできる過去最大のイベントということで、さまざまな国のさまざまなプロダクトが所狭しと並んでおりました。女性のバイオリズムに関するもの、妊婦・産婦向けアイテム、生理や更年期に寄り添うサービス、機能性をもつ下着‥‥。

写真は左から、妊活をサポートする「ファーティリリーカップ」、第3の生理用品と言われる月経カップ、ポップに彩られた会場入り口

こんな便利アイテムがあるのかと驚きながら回っているうち、ふと気がつきました。アイテムやデザインがどれも明るく、元気や癒しをくれるものが多いのです(個人的には海外アイテムは元気が出るようなビタミンカラーが多く、国内のアイテムは柔らかく癒されるパステルカラーが多い印象でした。世界と日本との女性性のイメージの違いが反映されているのかも、なんて考察してみたり)。

私が一番気になったのは、「膣内フローラ」「子宮内フローラ」に関するプロダクツ。腸内フローラが話題となりましたが、膣内、子宮内にも重要な役割を果たす菌の存在が確認されているそうで、そこにスポットを当てたコスメや検査キットに興味津々でした!

左から、自宅でできる子宮内フローラ CHECK KIT、温活効果をもたらす機能性下着、膣内フローラに着目したデリケートゾーンケアコスメ

会場ではワークショップやカンファレンスも行われており、また女性だけでなく男性の姿もチラホラ見掛けました。フェムテック市場の未来は明るい予感。。。セラピストの方々がずっと向き合ってきた「誰にも言えない女性の心身の悩み」にも、いよいよ光が当たり始めているのですね〜。ポジティブな時代の変化に感動しきりでした。
実際にお客さまと接し症状に寄り添ってきたセラピストの経験に、最新技術が加われば、世の女性たちをもっともっと自由に豊かにしていけるのでは‥‥とつい期待が高まります。セラピストの皆様におすすめの技術を見つけたら、また企画でも紹介していけたらと思います。

-
/ / / /

おすすめ記事

まだ間に合う! 締め切りは明日! 「アロマ&ハーブEXPO」セミナー申し込み受付中!

12月17日(木)18日(金)に開催する「発見!アロマ&ハーブEXPO 2020」。二日間にわたり、お買い物や施術体験、 …
no image

4月号フードセラピー取材風景

アロマセラピストで健康管理士の資格を持つ高野さん(サロン ド レスパス) 健康的なダイエットのための食事指導が好評 日本 …
no image

セラピスト本誌創刊15周年記念セミナーその5。谷口晋一氏&小澤智子氏スペシャル対談

セラピスト本誌が創刊してから15年。 これまで様々な企画を立て、取材をし、記事を制作してきました。 2004年10月号 …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD