2020年の流行語に連なるのは、やはりあの言葉? セラピー業界も必然的に!

投稿日:

今年も早いもので、10月も後半にさしかかりました。毎年、年末になると「今年の流行語」が話題になりますが、2020年は「新型コロナウイルス」に関連する言葉が独占してしまうかもしれません。「手指消毒」「検温」などの行為や「三密」「ソーシャルディスタンス」などの様々な注意事項、そして「ステイホーム」や「オンライン」「新しい生活様式」「◯◯コロナ」「クラスター」なども含めて、1年前には全く想像できない言葉が並ぶのでしょうか。
セラピスト本誌でも、「免疫力を高める!」「ウィズコロナの時代の新しい◯◯」「◯◯で感染症対策」「オンライン講座の始め方」「心のケア」などといったコピーが、関連する企画とともに多数を占めています。

セラピーや自然療法は、そもそも自然治癒力や免疫力を高めたり、未病を防いだり、根本療法のためのものでもあります。そして、身体からのアプローチだけでなく、心のケアもセラピストや心理カウンセラーの得意分野。未だサロンの集客や対面スクールの経営に苦労しているセラピストは大勢いますが、この今の時代にこそ、セラピーや自然療法の持つ「力」を、様々な形で伝え、活かしていただくことが大切だと実感しています。
セラピスト本誌や、このWebサイトでも、引き続き有益な情報を発信していきたいと思っています。
編集部I

-

おすすめ記事

【セラピスト10月号】第1特集 3大精油使いこなし大百科(仮)の取材が始まりました

次号・セラピスト10月号(9月7日発売)の第1特集は、「3大精油を使いこなす」がテーマ。   まず、「三大精油とは?」 …
no image

SNSを活用できていますか?

こんにちは! 本当に寒いですね。 今週末もまた、関東甲信越では雪の予報が……。 皆さんもどうかお …

関東の「全国和精油MAP」(セラピスト4月号連動記事)

本誌掲載の「全国和精油MAP」を拡大版でお届けするこの記事では、各ブランドの特徴や抽出している植物について。また、実際に …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD