植物のパワーって、すごい! ―豆苗、三度目の収穫に思う“生き残りメカニズム”とは―

投稿日:2020年4月21日

こんにちは。セラピスト編集部のMBです。

近頃は、新型コロナウイルス対策と運動不足解消を兼ねて、公共交通機関の利用をなるべく避け、通勤時の「徒歩区間」を増やしています。

普段バスで通過していた道も、歩くと色々な物や香りに気がつきます。町内会の掲示板や昔の橋の欄干の一部、朝ご飯の匂い、雨上がりの草いきれ、花の香り……。時には下水や排気ガスといった、ちょっとバッドな臭いも。でも、STAY HOMEが叫ばれる今、それすら愛おしく感じてしまいます(笑)。

そんな朝の徒歩通勤の中で特に愛おしいのが、植物たちのパワー。「枯れた?」と思っていた木々が一斉芽吹き、また「木の棒か?」と思っていたものがバラの木で、この3週間であっという間にもっさりと葉を茂らせていたり。すごい賑わいを見せています。植物ってすごいですね! 

すごいといえば、我が家の豆苗も。季節に関係なく、切ってもニョキニョキと葉を出し、ついに三度目の収穫ができそうです。いとおしいけど……、今夜食べちゃいます。

セラピスト植物アロマ

そんな植物のパワーって、どこからきているのでしょう。

植物は動けない分、自分の身を守り生き延び、種を残すため、形を変え、自ら必要な成分を作り出しているのです。アロマもその一つ。それぞれの植物が放つ香りは、生き残るための手段。その「香り」には様々な成分が含まれています。アロマテラピーはその成分を活かし、人々を癒しているのです。

セラピスト6月号(5月7日発売)では、こんな「香り成分」を、その植物の生い立ちで理解するというユニークなロジックで紹介しています(アロマセラピストの川口三枝子さんに教えていただきます)。例えば、「極寒の地で生きる針葉樹は、寒さという“ストレスから身を守る”成分(モノテルペン炭化水素類)を作り出す―」という具合。

「香り成分」の働きを知れば多角的に理解が深まり、アロマセラピストとしてより的確なサポートを、自信をもって行えるようになると川口さんは言います。

セラピスト6月号「“香り成分”で理解する 不調改善アロマテラピー」、ぜひ、お楽しみに!

-
/ /

おすすめ記事

和精油バスオイル雑誌セラピスト

山椒はうなぎにかけるもの。いいえ、お風呂に入れるもの!? ー和精油のハナシー

 山椒と言えば、スパイシーな香りがたまらない調味料としての印象が強いですが、精油となるとまた少々違います(今回は、yui …
no image

素敵な読者プレゼント

こんにちは、編集部の岩名です。 毎日、オリンピックで盛り上がり寝不足気味の方も多いのではないでしょうか? 私は睡魔に襲わ …

「セラピスト10月号」発売!

「セラピスト10月号」が、9月7日に発売いたします。 今号の第1特集は、手技療法やボディワークを行う人にとって必須となる …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD