「GABA」と「血液脳関門」に教わる、人生の送り方

投稿日:2018年6月15日 更新日:

こんにちは~。

セラピスト編集部のHです。

今日は入稿日!

雨で寒いので、あったかいスンドゥブ食べましたー。

 

さてさて、6月7日に、

『美しくなるフードセラピーvol.6』が

発売になりました。

 

毎度、いろんなネタを仕入れ、ほんとうに勉強になるのですが、

今回はかねてより気になっていた

「オーソモレキュラー療法(分子整合栄養医学)」を行う、

新宿溝口クリニックの溝口徹院長に、

インタビューをさせていただきました。

この栄養療法は、

「車には、軽自動車やスポーツカー、トラックなど

いろいろな車種があり、

燃費もそれぞれ違うように、

人も体格も違えば、必要な栄養量が違う」

という考えに基づき、

血液検査などをしっかりと行って、

その人に必要な栄養量を補充するというもの(ときに何十倍も多い!)。

 

肥満などの生活習慣病、疲れやすさなどのほか、

メンタルトラブルなども改善できるとあって、

「食べることは、生きること」という言葉は、

まさにそのとおりだな~と思わされます。

(実際に新宿溝口クリニックには精神科もあります)

 

取材記事では、

①不安

②発達障害

③不妊

というテーマを設け、

それに対するオーソモレキュラー療法の処方を教えていただいたのですが、

中でも面白いと思ったのが、

「血液脳関門」のしくみでした (下のイラストは、フードセラピーvol.6より)。

 

「血液脳関門」とはその名のとおり、

脳の関所となる存在で、

繊細かつ高度な脳が、

有害な物質で痛めつけられないよう、

分子の大きいものなどをはじく働きをしてくれます。

 

でも、逆にメンタルが落ち込んでいたりするとき、

それを改善する物質さえも弾くことがあるそうです。

 

例えば、GABA。

チョコレートにも入っているGABAは、

“心を落ち着かせる効果がある”と言われていますが、

実際のところ、

「GABAは血液脳関門を通過しない」そう。

「GABAは、外(内服)から入ることはなく、脳内でつくられる」と溝口先生。

 

じゃあGABA入りチョコの存在って…?と思うでしょうが、それはとりあえず置いておきましょう。

 

GABAは、血液脳関門を通過しない。

ということは、脳にとってGABAは、「あんた、大丈夫なヒトなわけ?」と信頼していないともとれます。

でも必要ではあるので、脳内で作って、使っていたりする。

 

覚せい剤もそうだと思いますが、つまりは、

「適切な量ならいいけど、外からたくさん入ったら、大変なことになっちゃう!」…という脳の防衛反応なのでしょう。

ストレスが出てきたら、脳は勝手にGABAをつくるので、外からたくさん入れる必要はないよと。

 

そう、タイミング。

 

鳥のヒナが生まれるとき、

卵の「中」のヒナと、「外」の親が同時に卵をつつくことで、

無事にヒナが生まれるという「啐啄同時(そったくどうじ)」の話があるように、

身体は必要なものを、必要なときに、生み出される。

強引に結果を求めるのではなく、人事を尽くして天命を待つ。

栄養素の代謝から教わる、人生の送り方…みたいなことを感じました(疲れているので、妄想が広がるのです)。

だからちゃんとごはんは食べようね!ということなのですが。

 

そして、血液脳関門をスルスルっと通過する「精油」の力も改めて感じました。

 

というわけで、オーソモレキュラー療法の記事が掲載されている、

『美しくなるフードセラピーvol.6』、よろしければ手にとってくださいませ。

 

「夢の内容で、ビタミンB不足が分かる」といった驚きのネタもご紹介してます!

 

ではではまた~。

 

-
/ /

おすすめ記事

対談 稲本正さん(日本産精油「yuica」生みの親)× 中村桂子さん(生命誌研究館館長)[特別編](後編)

日本産精油yuicaブランドの生みの親・稲本正さんと、太古から連綿と生命を受け継いできた生き物としての人間のあり方を探求 …
no image

美しくなる食事療法vol4の撮影をしました!

毎日、うだるような暑さで、クーラーのリモコンが手放せなくなってきましたね。 そんな中、「美しくなる食事療法vol4」の撮 …

ストレスによる身体の冷えに有効なケアは?

  こんにちは!   セラピスト8月号の第1特集「温活セラピー」から、 中医学的な冷えのケアをご紹介 …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD