セラピストを目指すあなたへ〜セラピストになるための5つのステップ〜

投稿日:

step_key_b.jpg

ライフスタイルに合わせて選択を

セラピストになるためには、セラピスト養成スクールに通い資格を取得してサロンに勤める。その後、独立開業という方法が思い浮かびます。ただし、その方法が全てではなく、独学やいきなりサロンに勤める方など、さまざまなルートをたどりプロになっているようです。
どの道を進むのかは、あなた次第。仕事をしながらプロを目指すのか、それとも子育てをしている途中なのか──。あなたのライフスタイルや経済状況を踏まえて、選ぶことが望ましいでしょう。
以下に、セラピストになるための代表的なステップを5つに分けて紹介し、それぞれのメリット・デメリットも合わせて解説します。

セラピスト転身パターン

施術を受けセラピーの魅力を知る。
あるいは体を壊しセラピーに癒される。

今度は自分がそのセラピーの魅力を多くの人に伝えたい。同じ悩みを持つ人を助けてあげたいと思うように。

学校探し。

入門コースを受講し、資格取得。

アドバンスコースなどでスキルアップ。

就職。
経験を積み独立・開業。

メリット

  • 学校で仲間(同志)ができる。
  • 基礎から学べる。
  • 資格があることで信頼される。

デメリット

  • 怠けてしまう危険性がある。
  • 意志の強さが必要。

セラピスト転身パターン

一般企業に就職。
あるいは結婚、出産を経験。

セラピーと出合い、魅力を知る。

仕事を続けながら、時間を有効活用して勉強しようと決心。あるいは子育てをしながら空いた時間に勉強しようと決心。

通信講座を受講し資格取得。

スキルアップのためにスクーリング講座を受講。

講師になる。就職する。独立開業する。

メリット

  • 時間を有効活用できる。
  • ライフスタイルに合わせて学べる。
  • 自分のペースで勉強できる。
  • 記述勉強により暗記力が高まる。

デメリット

  • 怠けてしまう危険性がある。
  • 意志の強さが必要。

セラピスト転身パターン

お客として通っていたサロンで働きたいと直談判。

見習いとして事務や受付から掃除まで、さまざまな業務を行う。

先輩セラピストに直接学びながら、知識や技術を身につけていく。

セラピストとして、その店でデビューする。

足りない部分を補うため、スクールやセミナーに通う。

一人前のセラピストとして認められ、正社員になる。

メリット

  • サロンワークを体験することが出来る。
  • お客のニーズを直接、汲み取ることができる。
  • 経験豊かなセラピストからサロンで学ぶことが出来る。
  • 収入を得ながらスキルアップできる。

デメリット

  • 経験不足の状態で施術をしてしまう危険性がある。

セラピスト転身パターン

アロマテラピーや美容に興味を持つ。

同じ趣味を持つ人たちとの交流を通して、知識を深める。

独創的なアイディアや豊富な知識によりオリジナルの発想を生む。

頼まれて施術をしたり教える機会ができ、お金をいただく。

仕事にする。

メリット

  • 好きを仕事に出来る。
  • スキルアップのための勉強を積極的に行える。

デメリット

  • 趣味と仕事の境界線が引きにくい。

セラピスト転身パターン

海外滞在中にセラピーと出合い魅力を感じる。

帰国後お金を貯めて、本場のセラピーを学ぼうと決心。

現地のスクールでセラピーを学ぶ。

現地の生活・文化を体験しながら、そのセラピーの本質に触れる。

資格取得後、現地でセラピストとして働く。

帰国後、独立開業。他店にはない本場のセラピーをお客に提供。

メリット

  • 本場のセラピーを学ぶことができる。
  • 発祥の地の文化に触れ、背景を知ることで、深いセラピーを実践できる。
  • 外国語を取得できる。
  • 外国で生活することで、強い精神力が身につく。
  • 人種の壁を越えて、さまざまな国の人たちをケアできる。

デメリット

  • 費用がかかる。語学の壁がある。

 

おすすめ記事

「一般社団法人日本シロダーラ協会」設立10周年、「アーユルヴェーダヘルスケア学院」発足式典開催!

田畑優美子氏が代表理事を務める「一般社団法人日本シロダーラ協会」が、設立10周年及び「アーユルヴェーダヘルスケア学院」発 …

本誌の過去記事が無料で読める!「セラピスト誌アーカイブ」

こんにちは。上京してきて20年目を迎えました、編集部Tです。 そして我らが『セラピスト』誌も、なんと今春で創刊20周年! …
no image

アロマの香りで、疲れを癒すバスタイム!!

7月28日に、生活の木が主催するインドネシア大使館で行われた スペシャルセミナーに参加してきました。 嗅覚、視覚、聴覚、 …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD