セラピスト6月号特集「医療現場で活躍するアロマセラピストになる!」より

投稿日:2014年6月6日

現在発売中の、セラピスト6月号

特集「医療現場で活躍するアロマセラピストになる!」では、
医療というフィールドでアロマセラピーを用いて活躍しているセラピストさんたちを4人ご紹介しています。

永森千賀子さんは、東京・港区「ブルークリニック青山」で、2010年の開業からアロマセラピーを行っています。

統合医療を行っている同院には、がんや難治症の疾患、皮膚トラブルなど、さまざまな患者が訪れています。

140606_sasa_1.jpg

140606_sasa_2.jpg

140606_sasa_3.jpg

神奈川・海老名市の「海老名総合病院」「海老名メディカルサポートセンター」で、マタニティアロマセラピーを実践するのは小杉美貴子さん。

2007年には、病室を使ってアロマセラピーサロンをオープンしました。

140606_sasa_4.jpg

140606_sasa_5.jpg

140606_sasa_6.jpg

中村真澄さんは、アロマセラピーサロンの経営と並行しながら、大阪・堺市にある「阪南病院」メンタルケア病棟にて、行っています。

中村さんは、別の病院でもアロマセラピーを行っています。

140606_sasa_7.jpg

140606_sasa_8.jpg

140606_sasa_9.jpg

看護師として30年以上のキャリアを持つ川崎順子さんは、看護師歴27年の時にIFA認定アロマセラピストの資格を取得しました。

現在は、「訪問看護ステーションみどり」の訪問看護師として、アロマセラピーを取り入れた訪問看護を行っています。

140606_sasa_10.jpg

140606_sasa_11.jpg

140606_sasa_12.jpg

本誌では、上記の4人がなぜ医療現場でアロマセラピーを活用しているのか、その経緯や現在の活動を詳しく解説しています!

-
/

おすすめ記事

浦上克哉 ②

セミナー「認知症予防とアロマテラピー」、浦上克哉氏を招き6月23日(日)開催

特定非営利活動法人ジャパンハーブソサエティー(JHS)の主催で、鳥取大学医学部教授で日本認知症予防学会理事長の浦上克哉氏 …
no image

天然のスポーツドリンクレシピ! (ハーブティー)

こんにちは~。 セラピスト編集部のはんざわです。   最近、農場やハーブガーデンの取材が続いています。 &nb …
セラピスト編集部ブログ植物パワー

グングン育つハーブたちに“植物のパワー“をもらっています! ー園芸を初めて気がついたその生命力ー

こんにちは。編集部のMBです。 東京の今日の空模様は、梅雨の合間の晴天。冬を乗り越え春に芽吹き(枯れ木だと思っていた枝に …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD