ホテルのスパに望むこと

投稿日:

2012年も残り一月半となり、街はクリスマスの装いに包まれ、年末年始の過ごし方を提案する様々な情報が巷に溢れるようになりました。

旅行に出かける人が増えるこの季節は、ホテルやリゾート施設のスパやサロンが賑わう時期でもあります。

遠方からの旅行者が多い宿泊施設のサロンの場合、街のサロンに比べてリピーターよりも一見さんが圧倒的に多いことでしょう。

それはつまり、旅行中のイベントの一つとして、エステやセラピーを初めて受ける方が多いということ。

初めて施術を受けたお客さまは、その地での体験の善し悪しで、セラピーやエステを総合的に評価します。

「なんだ、こんなものか。旅行のついで受けたけど、もういいや!」
と思われてしまうのか。

あるいは
「こんなに素敵な体験が出来るなんて! 帰ったら早速、行きつけのお店をみつけなきゃ!!」
と思っていただけるのか。

前者と後者の差は、業界全体に大きな違いを生むことになります。

それだけに、ホテルのスパやリゾート地のサロンで働くセラピストやエステティシャンの役割は、とても大きいのです。

「リピーターが沢山いるサロンのセラピストは、一見さんの多いホテルやリゾートスパに進出せよ!」
とは言いませんが、業界のさらなる発展のためにも、一見さんを迎えることの多いセラピストたちの、より一層のレベルアップを期待してしまいます。
稲村

-

おすすめ記事

no image

「アロマテラピーの、仕事は楽しい!!」

月日が経つのは早いもので、2月も残り1日。 関東地方は今晩、強風が吹き荒れていますが、春の訪れまで、あと僅かです。 来週 …

セラピストであることの誇りと想いが伝わってくる――マッサージセラピスト・中村直美さんの物語。

セラピスト本誌が創刊してから18年。沢山のセラピストが誕生し、活躍の場も日本全国に広がっています。正確な統計が出ているわ …

「第10回 化粧品開発展 -COSME Tech 2020- <東京展>」1月20〜22日開催

化粧品に関連する原料、OEM、容器パッケージ、研究機器、販促製品、物流など、化粧品の研究・企画開発に必要なあらゆる製品が …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD