お肌の不調を改善する食べ物がすぐにわかります!

投稿日:2016年10月27日

こんにちは。セラピスト編集部の田中です。
ここ数日、一気に秋めいた空気になってきましたね。

大好きな焼き芋が美味しく食べられる気温になって、私はとても嬉しいです。

突然ですが、みなさんは「今日食べるもの」をどのように決めていますか?
家族が好きなもの、健康に良さそうなもの、
スーパーで安かったもの……などなど、
選び方はそれぞれだと思います。

マクロビでは、食べるものを、「顔に表れた不調のサイン」をもとに、それを改善する食べ物を判断することができます。

例えば、
・ 両目の間に横皺ができていたら甘いものの食べ過ぎ、キャベツや玉ねぎを食べる。
・ 寝ても消えないクマは身体の冷えが原因。小豆や黒豆、昆布を食べる
・ おでこのシミ、シワやニキビは腸の不調によるもの。こんにゃくや発酵食品を食べる。

などなど、マクロビには女性の悩みを解決する知恵が満載です。
これは「マクロビ望診断」と呼ばれているもの。

私はこれを知ってから、ちょっとニキビができたな〜とか、髪がパサついてきたな、と思ったら、食べ物でケアするようになりました。
高い化粧品を買うより安いですし、身体の中から根本的に肌の悩みを解決できるのでとても効果があります。

もっと詳しい内容が知りたい! という方は、11月1日(火)にマクロビオティック・キレイ料理教室「G-veggie」代表のはりまや佳子先生の料理教室が開催されるので、是非、参加してみてくださいね。

甘酒の腸美人アイスクリームや、簡単デトックス味噌汁、ハトムギ美肌玄米ごはんなど、
美味しい料理も沢山たべられますよ!

161027_tan.jpg

それではまた〜。

-
/

おすすめ記事

【セラピスト10月号】精神科医・香山リカ先生の連載のテーマは“発達障害”です!

次号のセラピスト10月号は9月7日発売予定です。今年の2月号から始まった連載「セラピストのための精神医学の基礎知識」は5 …
no image

セラピストが知っておきたい病気の知識⑤『セラピスト2013年6月号』本誌連動

「セラピスト2013年6月号」にて、クライアントから要望の多い”腰痛”症状の原因や種類を紹介して …
no image

セラピスト4月号取材裏話!〜植物油編〜

こんにちは。セラピスト編集部のはんざわです。3月11日も今年で3年目です。まだまだ復興への道のりは長いですが、そんな中で …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD