本物の調味料

投稿日:2015年11月13日 更新日:

こんにちは。セラピスト編集部の田中です。
最近、良い調味料を使って料理することにはまっています。
きっかけは、セラピスト12月号のフードセラピーの取材で、本物のみりんを使っている人はほとんどいない、
という事実を知ったことです。
実は、スーパーに並んでいるみりんのほとんどは、”みりん風調味料”。
このみりん風調味料は、ブドウ糖や水あめ、香料などを使って、
みりん風味にした合成甘味料のようなものなのだそうです。
対して、昔ながらのみりんは、もち米と米麹と焼酎から作られ、完成までに1年以上かかります。
コストがかかるので、なかなか大量生産できないのです。

じゃあ本物のみりんってどんななの?と思い、
ネットで絶賛されている本物のみりん「角谷文治郎商店 三州三河みりん 純もち米仕込」を購入しました。
このみりん、あまりに美味しいため、お湯で割って”ほっとみりん”として飲んでいる人もいるくらいなのです。
さっそく、このみりんで作った煮物や、てりやきを食べてみたところ……

151113tan1.jpg

美味しい!
なんにもしなくてもお料理の腕が3割くらいアップしたような感じです。
旦那さんもびっくりしていました。
味も美味しくて、添加物も入っていないので安心して使える三州三河みりん、本当におすすめです。

来年1月7日発売のセラピスト2月号では、「フードセラピー」の特集のなかで、食品添加物についても取り上げる予定です。お楽しみに!

-
/

おすすめ記事

no image

セラピスト10月号、南ドイツムルナウ発、チャクラ・フラワーエッセンス療法

現在、全国の書店で発売中の「セラピスト10月号」。 その特別企画として、ドイツでホメオパスとして活動する森Wenzel明 …

日本最高峰のセラピストの祭典「第5回リラクゼーションコンテストJAPAN 2018」開催! 2万人の頂点が決定!

「第5回リラクゼーションコンテストJAPAN 2018」ファイナルが、10月30日にYAMANOホールで開催され、「セラ …
no image

法則その1『失敗例は反面教師。ただし……』

現在、セラピスト6月号(5月7日発売)の取材がはじまっています。 次号の特集は、「サロン経営 失敗と成功の法則」。 セラ …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD