東洋医学の凄さ

投稿日:2014年7月7日 更新日:

こんにちは。
セラピスト編集部のはんざわです。

セラピスト8月号が本日発売になりました。
ご協力いただきました皆さま、本当にありがとうございました。
もしよろしければ、お手にとっていただけるとうれしいです。

さてさて皆さん、東洋医学でいう、ご自分の体質をご存じですか?

東洋医学には、「木(肝)・火(心)・土(脾)・金(肺)・水(腎)」の
5つの体質分類があると言われておりますが、
タイプごとの病気、性格などがあります。
(セラピスト誌でも、特集や特別企画をしております)

その中でも私は典型的な「金(肺)」タイプ。
かっさやディエンチャン、リフレなど施術を受けると、
とにかく「肺が悪いですね」と言われる始末。
めちゃくちゃ当たるなーと、東洋医学に開眼しました。

自覚している特徴では、
・色白
・体調が悪くなると、悲しい気持ちになる
・疲れやすい
・喉が弱い(気管支炎とかにもなった)
などがあり、
それを知ってから、五行診断に基づく、肺タイプに良い精油を使い始めました。

肺タイプによい「サイプレス」を毎日植物油に混ぜ、セルフトリートメントしたところ、
・むくみにくくなる
・悲しくなりにくくなる
などの症状の変化が!!
(サボると徐々に元通りになっていくような気がしますが・・・)

ただ、自分の五行の体質が何に当たるのか、
自己チェックでは分かりにくい部分が多いので、
(私自身、典型的な「金(肺)」なのに、プロに指摘されるまで木(脾)タイプと思いこんでました)
それを知るには、東洋医学に詳しい治療家の方や
セラピストのいる治療院やサロンに行くとよいのかなあと思ったり。

次回以降、10月号の裏話などについて書いていきます〜
ではではまた!

-

≪ 前の記事

終戦

次の記事 ≫

つぶつぶが気になる

おすすめ記事

no image

ゴッドハンド!の、田中玲子さんが……

こんにちは。 セラピスト編集部のササキです〜。 11月も中旬ですが、すっかり冬ですね。厚手のコートを着たい気持ちになるも …
no image

メルヘンをテーマに香りをつくる!

こんにちはー。編集部の諏訪です。 「あっっ!」という間に5月になりました。 1日1日が、本当に早いです。もっと味わいなが …
和精油バスオイル雑誌セラピスト

山椒はうなぎにかけるもの。いいえ、お風呂に入れるもの!? ー和精油のハナシー

 山椒と言えば、スパイシーな香りがたまらない調味料としての印象が強いですが、精油となるとまた少々違います(今回は、yui …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD