なぜ満足度の高いサービスを提供できるのか

投稿日:

こんにちは~。

セラピスト編集部のササキです。

今日は突然暖かくなりましたね。
そろそろ、ヤツが本格的に飛び始める時期が到来します!
怖い!

さて、話は変わります。
我が家の裏にあるスーパーマーケットのお話。

引っ越してきてから1年くらいになるのですが、
海産物のレベルが高い!その上、お値段そこそこ!

生の本マグロ刺身が、サクで780円とかで売ってます。

で、ついこの前。

今夜は肉にしようとスーパーに行ったら…

北海道産、活の毛ガニが2杯1200円。

え、毛ガニ1杯あたり600円?

しかもけっこう大きい!

すぐさま路線変更しました。

活の状態からなんて、初めてです。

おがくずから出して、

140228sasa_1.jpg

水で洗うと…

140228sasa_2.jpg

立派な姿!

せっかくなので、娘にも見せてやります。

140228sasa_3.jpg

初めて見る異形の物に対して、警戒心たっぷり!

少し塩を多めに入れて沸騰させたお湯で、15分。

足を切り、甲羅を外し、切れ目を入れると…

140228sasa_4.jpg

素晴らしい!神々しい!

身も美味い、カニ味噌も美味い。
夢中になって日本酒と共に堪能しました。

そして先日、人気テレビ番組
「シルシルミシルさんデー」にて
このスーパーが紹介されました!

140228sasa_5.jpg
(番組HPよりキャプチャ)

「なぜ魚を安く売ることができるのか?」について
凄腕バイヤーに密着取材をしていました。

以下、番組HPから引用した「安さの秘密」です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<激安スーパー「ビッグヨーサン」はなぜ魚をそんなに安く売ることができる?>

激安スーパーで激安価格を実現するには、凄腕バイヤーのテクニックがある。

[市場での買い付けに密着]

バイヤーは、ある店で1kg450円の天然ブリを見つけると、在庫を聞き、まだ大量に余っていることを確認。一旦、自分が一番値切りやすい付き合いの古い店に行き、最大限に安くブリを買う。

そして、再び戻ってきて、「まだ在庫が減ってない、これはもう売らなきゃダメだろ?他の店で350円で買ったぞ。」と圧力をかけて、この店の値引きにも成功。

大手のスーパーでは日々の売り上げのデータをもとに買う魚の数を事前に決めてバイヤーに発注するので、バイヤーは発注通りに仕入れなければならないので、安い魚を見つけても作戦変更してそれを買うことができないが、ビッグヨーサンでは、お店の発注に縛られず売れ残りそうな在庫商品を全て引き取ることで大きく値引くことができる。良いものを安く買うのが激安の秘密。

<激安スーパーの販売テクニック>

・販売テクニック1「何もないのにPR」…………
 買い付けた魚が店舗に到着すると、2パック分切ったところですぐに売り場にPRする。まだ売り場には商品が並んでいないので、今からスゴイのが出るんじゃないかという期待感を煽り、出てきた時にお客さんが飛びついてしまう。

・販売テクニック2「丸魚・切り身バイキング」………
 580円のパックが2パックだと980円。その数30種類以上。さらに、2パック買った人には鍋つゆパックのプレゼント。普通に商品を値引きするより無料でプレゼントをあげる方が、よりお客さんの注目を集めることができる。

・販売テクニック3「刺身と切り身のセット」………
 刺身と切り身が390円ずつ別売りだったら片方しか買わないが、セットにすると魅力ある商品に映りどんどん手に取っていく。

・販売テクニック4「お惣菜として販売」………
 ブリを惣菜チームに渡し唐揚げに。

・販売テクニック5「時間帯に合わせた商品を売る」………
 夕方5時以降は魚を買っていくほとんどのお客さんが刺身を選ぶ。

・販売テクニック6「丸魚・切り身バイキングを3パック980円に」………
 夕方6時頃から3パック980円。赤字覚悟でも売れ残りは出さない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
引用ここまで

なるほど、やはり満足度の高いサービスのためには、
提供する側のたゆまぬ努力が必要なのですね!

これはきっと、何の業種・職種でも通じるものがありますね。

勉強になります!

それでは、良い週末をお過ごしください!
私はこの週末も、マグロを食べます!

-

おすすめ記事

平賀源内

「本日、土用 丑の日」鰻の“旬”は 冬 だとか…売り方の工夫で、夏の“人気メニュー”に

2019年7月27日は土用丑の日です。土用丑の日といえば『鰻』ですよね。皆様は『鰻』食べますか?日本では、鰻の旬とはほど …

第3回『ベルリン・ヒルデガルト・フォン・ビンゲン・デー』が開催!

「喜びの治療」をテーマに、音楽、食、ハーブ療法を学ぶ 自然療法の母といわれる、中世ドイツの修道士女、ヒルデガルト・フォン …

「セラピスト4月号」発売! 特集は、「更年期ケアのプロになろう!」「絶対に上がる、手技療法のスキル」

「セラピスト4月号」が発売しました!       第1特集は、セラピーでつらい症状を予防& …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD