慢性的な爪の凹みの原因、中医学的な視点で見てみると?

投稿日:2021年2月26日

こんにちは編集部Tです。
雑誌が慌ただしくも校了を迎えると、恒例の「ちょっとだけ丁寧に過ごしたい」期に入ります。頑張って働いた自分の身体を労りたい気分とでも言いましょうか(笑)。美容院を予約したり、湯船にゆっくり浸かったり、アロマキャンドルを灯したり、普段やらないネイルに手を伸ばしたり……と、ふと気がつきました。
「あれっ!? 爪のアーチがきれいになってる?」

物心ついた頃から手指、特に親指の爪が、やや反り気味なのがコンプレックスだった私。爪の中央あたりに横線が入ったように常時凹みができていました。それが何故か解消されて、いま人生で初めてきれいな弧を描いているのです(こんな奇跡があるなら、比較用にBEFORE写真を撮っておけばよかったです)。
爪の反りや縦線は不健康の証で、特に親指の爪の凹みは、過労や精神的ストレスの可能性が高いと聞きます。うーむ、校了時期の荒波を乗り越えたばかりのはずなのに、おかしいですね(汗)。

ところで、本誌で連載中の雲瑶先生の「セラピストのための中医学」ですが、2月号では中医学の基本的な考え方「蔵象学説(ぞうしょうがくせつ)」を分かりやすく解説しています。簡単に言えば、身体の内側の状態は体表に現れるという考え方です。内と外のつながり、それでは爪はどの内臓とリンクしているかというと、「肝(肝臓)」なのだそうです。なんとなく意外。。。

 

■「肝」は目と爪に症状が現れる

「肝に不調があると爪が割れたり、爪の色が白く濁ったようになりますが、逆に華が咲くと、爪全体は薄いピンク色、爪の根元にある白い爪半月がしっかりあり、表面も滑らかでツヤやかな状態になります。ちなみにこれは中医学的な観点から見たアドバイスになりますが、常にネイルアートを行い続けることはあまりおすすめできません。爪の表面をぴっちり覆うネイルアートは、爪の呼吸を阻害してしまうだけでなく、『蔵象学説』で考えると、肝臓の呼吸をも阻害することになるからです。」(雲瑶さん)

 

せっかく健康になった爪ですから、ネイルはほどほどにしなくては……と思い直すのでした。
本誌では、他にも五臓(肝臓・心臓・脾臓・腎臓・肺)それぞれの状態をチェックできる部位を紹介しています。カウンセリングやセルフチェックに、興味がある方は読んでみてくださいね、ではでは〜。

編集部T

おすすめ記事

ドイツに息づく自然療法!『木之下恵美の「ドイツメディカルハーブ入門レッスン」』は「セラピー NET カレッジ」にて配信中

『セラピスト』8月号の特集 “コロナ疲れの「心」と「身体」を整えてあげたい。精油とハーブのブレンドガイド” は、もうご覧 …

ミランダ・カーも愛用する「クリスタル」。波動が導く癒しのパワーを特集!

ミランダ・カーやジェナ・ディーワンなど、多くのモデルや女優たちが愛用しているパワーストーン。その用途はメディテーションに …
no image

マクドナルドの愛のお守り

「ねえちょっとそこの若い人、席をどいて!」 人を押し分け、白髪を振り乱しながら眼前に迫ってきた赤ら顔のおばさまにおののき …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD