【アロマテラピー】蒸留よもやま話。

投稿日:2018年4月12日 更新日:

蒸留特集の制作が佳境を迎えつつあります。

そこで(?)、今回は取材で出会った蒸留器などを少し紹介します。

まずは、HARIOのろうそくの火で蒸留するタイプのもの。

DSC_0129.JPG

これは販売終了になってしまったそうなのですが、

今回取材させていただいたセラピストさんによれば、

これが一番香りが良い精油やハーブウォーターがとれるのだとか。

ろうそくの火でじっくり加熱するのが良いのだそうです。

ただし、時間は結構かかるらしい。。。

こちらの蒸留器は、ピュアアロマ協会の「アロマーラー®」という蒸留器。

DSC_0131.JPG

同協会の講座を受講後、認定を受ければ購入できるようになるそうです。

少量から手軽に蒸留できるのが特徴。

私が見る限りですが、初心者&ぶきっちょさんには、

これが一番使いやすいのではないかと思います。

お鍋みたいな形なので、料理する感覚でできそうです。

これらを見せていただいたセラピストの方は、他にもさまざまな蒸留器をお持ちでしたが、

後は本誌でご確認ください!

いろいろな植物を蒸留していて、お部屋が良い香りで満たされ、

イライラしたりすることがなくなったなど、蒸留の魅力をたくさん語っていただきました。

(取材で蒸留過程を見せていただいたとき、柑橘の良い香りが部屋中に広がって、私も幸せな気分になりました)

これは今回、蒸留を見せていただいたピュアスティーラー。

すでにお持ちの方も多いのでは?

DSC_0009.JPG

皆さんもぜひ蒸留教室などに行って、

蒸留しているところを見てみて下さい!

編集部AKI

-
/ / /

おすすめ記事

no image

4月号「オリジナル香油作り」取材風景

都内で行われた「オリジナル香油作り」のワークショップのもようをお届けします。 まずは開会の挨拶。左は現代アート作家の佐原 …
no image

野生のイルカとの交流プログラム 「ドルフィンセラピー」

「セラピスト8月号」で、脳疲労を回復しストレスフリーな心身へと導くアクアセラピー「WATSU(ワッツ)」と「ドルフィンセ …

天然緑茶香水×伝統工芸のコラボ! 日本橋三越で「香りとアートを持ち歩く」が開催!

英国IFA認定アロマセラピストでもある太田奈月さん作の天然アロマ香水 天然アロマ香水の第一人者、太田奈月さんの「天然アロ …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD