男と女は、イヌとネコ

理解できない男女の違いの理由を
明らかにする明快な解答!
世界規模の愛と平和を実現する第一歩は、あなた方から!!

リーダーの評価を気にする男性
自分の気分を優先する女性

男性がほしいのは、パートナーからの打ち上げ花火のような「笑顔」。
対して、女性が相手にあげているのは線香花火……という事実。

体内記憶研究の第一人者が、長年にわたるクライアントへの聞き取り調査から得た、男女間の相互理解と魂の成長を進めるコツ!!

本書は婚活中、妊活中、子育て中、そして離活中(離婚前)の方々にぜひご一読いただきたい、まるでイヌとネコのような男女の異文化交流をスムースにする一冊です!

「男と女はイヌとネコほど生態が異なる、異種動物のような関係。にもかかわらず、お互いに同じ人間だと『勘違い』して、それぞれが自分と同じような思考回路で、同じような反応をすることを期待していた」  (「はじめに」より抜粋)
CONTENTS

●パート1 男女関係はイヌとネコの異文化コミュニケーション
男女を動物にたとえると……
旦那さんにとって幸せのシンボルは、奥さんの「満面の笑み」
命令されないとわからないイヌ、察して動くことを期待するネコ
飼い主に尻尾を振るイヌ、クールな目線の気ままなネコ
奥さんの「冷たい仕打ち」はストレスの現れ
お互いに思いやる気持ちがあれば、二人の溝は埋まる
イヌ型男子とネコ型女子はここまで違う

●パート2 なぜ女性と男性はこんなに違うのか
生物学的にみた男女の違い
闘うモードの男性ホルモン、守るモードの女性ホルモン
男女の役割の違いは性ホルモンがつくった!?
女性ホルモンの多い男性と男性ホルモンの多い女性の子育て
「自分とは異質な面を持っている存在」として相手を尊重する
男女の行動や思考パターンの違いは脳の機能差!?
セックスのときの反応にも男女の違いがある
共感力が高い女性、論理思考が得意な男性
双方が補い合えれば二人ともハッピーになれる!
異なる文化を持った男女だからこそ、ともに進化することができる
心配は心配を呼んでハッピーな一歩を踏み出せなくなる

●パート3 イヌ型男子のしつけ方、ネコ型女子のなだめ方
ネコ型女子はイヌ型男子にとっての精神的なリーダー
イヌの「しつけ」は、とにかく褒めてなでること
イヌ型旦那さんは目的志向。具体的な言葉で指示しよう
イヌはネコを支配しようとせず、自由な時間を与えよう
「太陽のような存在」であるためには、お母さん(女性)が幸せであること
男女が交わることで得られるシナジー効果とは?
仲良し夫婦が増えることが世界平和につながる

●パート4 産婦人科医が語る 子育てを通じた男女の役割と目的
お母さんの感情は子どもとお父さんの関係を左右する
子どもはお母さんを評価する道具ではない
お母さんの感情は、放射能よりも赤ちゃんに影響を与える
赤ちゃんは親を選んで生まれてくる!?
女性ホルモンの源泉である子宮に感謝していますか?
赤ちゃんはこじれた身内の関係がほぐれることを望んでいる
妊婦さんと身内の関係が良好だと「いいお産」になりやすい
お腹の赤ちゃんとの対話からはじめる「共育」のススメ
子育てのカギは子供への信頼

●パート5 「異文化」が育む魂の成長
人助けのためにこの世に来たがっている宇宙の魂たち
今の子どもは自分とともに親を成長させる目的でやって来る
子どもも大人も一緒に新しい時代をつくる
理性万能の時代から感性の時代へ
夫婦の良好なコミュニケーションが楽しくハッピーな社会をつくる
新たな文化を創造するために異文化コミュニケーション力を高めよう

著者プロフィール

池川明(いけがわ あきら)

医学博士。池川クリニック院長。1999年より、胎内記憶に関する研究をはじめ、全国保険医団体連合医療研究集会、FIGO(国際産婦人科学会)で「胎内記憶」について発表し、メディアで話題になる。胎内記憶研究の第一人者として、北米、ヨーロッパ、台湾など世界中で講演し、出産を通じて豊かな人生を生きることを説く。2018年日本胎内記憶教育協会を立ち上げ、胎内記憶の普及活動と講師養成に力を入れる。著書に『前世を記憶する日本の子どもたち』(ソレイユ出版)、『子どもはあなたに大切なことを伝えるために生まれてきた。』(青春出版社)、『生まれた意味を知れば、人は一瞬で変われる』(中央公論新社)等多数。

-