【セラピー体験記第15回】初めてのフラワーエッセンス選び!

投稿日:

こんにちは!セラピスト編集部のTです。
さまざまなセラピストさんを取材するなかで、活用している方が多い印象を受けたのが「フラワーエッセンス」。精油と同じように遮光の小瓶に入った液体なので、「精油と何が違うの?」と疑問に思った方も多いのではないでしょうか。実は私もその1人でした。

[フラワーエッセンスとは]
1928年、イギリスのエドワード・バッチ博士が創始した、花の精妙なエネルギーを水に転写したエッセンスによって感情を癒す自然療法。悲しみ、怒り、不安など、さまざまな感情に対応する草花のエネルギーがあるとし、そのエッセンスを含んだ水をスプレーしたり飲用する。バッチフラワーレメディを始めとする、草花のエネルギーを転写したエッセンスが主流だが、鉱物や動物のものも登場している。

 

ふむふむ、分かったような分からないような……
そもそも自然のもつ「エネルギー」ってどういうもの?
自分に合うエッセンスをどうやって選べばいいの?
そして使い方は???

そんな疑問でいっぱいになったので、筆者がまずは1本、試してみることに!
初めてのフラワーエッセンス選びをお手伝いしてくれたのは、『セラピスト12月号』の巻頭企画にも登場している、花療法士・岡山ゆづかさんです。


岡山さんはIFECJ認定セラピスト、パシフィックエッセンス認定ティーチャー、アバンダンスプログラムインストラクターとして、東京・国立市にて「あとりえ 天の音」を主宰。その傍らで、ネイチャーワールド株式会社にてエッセンス選びのお手伝いも行っているのです。
そこで今回は、ネイチャーワールドの実店舗「ヒーリングショップ ピュアリ」にお邪魔してきました。初めてのフラワーエッセンス選びの様子をレポートします。

*****

入り口脇には、ワークショップの告知も沢山貼られていた

場所は、東京・東陽町。
コロナ下とあって、入り口ではしっかり消毒と検温をしてもらい、いざ入店。店内には、所狭しとヒーリングアイテムが並びます! 天然石やオーラソーマ、ティンシャ、オラクルカード。そのなかでも圧巻なのがフラワーエッセンスです。世界中から約2,800種のエッセンスが揃うとあって、いくつものブランドがラインアップされていました。国内外のヒーラー達からは、「世界一フラワーエッセンスが揃う場所」と認識されているのだとか。

石類はディスプレイの位置によっても波動に変化があるため、常に上段や下段の入れ替えを行っているのだとか

「こんなに沢山あると、逆にどれを選んでいいのか分からなくて」と相談すると、「お手伝いしますよ」と岡山さん。5~20分程度で選んでいただけるようです。まずは『フラワーエッセンス お選びのお手伝いをご希望のお客様へ』という問診票に、自身の状態や認識をチェック・記入していきます。

「自分がどうなりたいか」の認識を明確化することが大事だという

最後の記入欄には「目的(エッセンスを摂るための意図・ゴール)」とあります。
フラワーエッセンス=“お悩み解決”というイメージがあったため、これは意外!
「フラワーエッセンスは植物の波動の引き寄せなので、大事なのはフィーリング。フィーリングが望んでいる現実を引き寄せるからです。自分がどうなりたいか分かった瞬間に、その人のエネルギーはそちらに向かっていきますから」と岡山さん。なるほど。

 

<本日の私の目的>
どんなコミュニケーションでも、常に「正解を選び取らなくては」と考えてしまいがち。正解を出すことより、もっと柔軟に自分の感覚や感情を上手く伝えられるようになりたい。

 

岡山さん「素直に感覚や感情を伝えられた時って、どんな気分ですか?」
編集T「えーと、“相手を傷つけるかもしれない”などの心配がないというか……お酒を飲んでいる時のようにリラックスして思いつくまま言葉が出てくる感じです」
岡山さん「お酒を飲むとリラックスできるのですね。リラックスした時は、どんなフィーリングがしますか」
編集T「リラックスしている時は、相手と自分の間に壁がない感じでしょうか。距離感が柔らかくて、あったかいような」
岡山さん「では、その“柔らかくて、あったかい状態”でいる自分を選択すると心に決めてください。手のひらを私の方に差し出してください」

頭の中に思い浮かべる、温かいイメージ

ここから、ペンデュラムによるダウジングを用いて、3,000種近いフラワーエッセンスから私の求めるエッセンスを絞り込んでくれます。思考を使わずフィーリングを頼りに選択することで、ヒットしやすくなるそう。ダウジング以外にOリングで探すのも効果的ですが、コロナ下ということで接触を控え、現在はダウジング方式を取っているのだとか。

左手は著者の手の平にかざされている

左手のひらを私の右手のひらにかざし、右手はペンデュラムをもちエッセンスのリスト上に。
最初は多数あるブランドから候補を絞り込んでいきます。

ブランドが決まると、さらに細かく1つ1つのエッセンス名を探っていきます。

コロナ禍もあり、アクリル板越しにコミュニケーションをとる

ドキドキししながらペンデュラムの動きを見守る私。「それでは持ってきますね」と告げ、店内から選んできてくださったのが、こちらの2本でした!

こちらが筆者におすすめのエッセンス!

・右)Power of Flowers「Speak Your Truth Blend」
・左)ALASKAN「Beyond Words」

編集T「おお……2本あるのは何故ですか」
岡山さん「ダウジングで、この2本がイエスに反応したからです。今回は、まず最初の1本をとお話されていましたが、選ぶとするならどちらがピンと来ますか?」
編集T「……ALASKANの方でしょうか」
岡山さん「なるほど。ではここからまた絞り込みますね、もう一度手をお願いします」
編集T「はい」
岡山さん「『私は柔らかくて、あたたかい』と言ってみてください」
編集T「私は柔らかくて、あたたかい……」

あらためて口にすることで「ああ、私はこういう状態を求めていたのか」と実感している自分がいます。再度それぞれのボトルにペンデュラムをかざしながら反応を見てもらった結果は、無事(?)ALASKANでした!嬉しい、というか妙にストンときた感じが。
全エッセンスのラインアップが載った立派なカタログ『大自然からの贈り物』から、この1本の意味と、込められたエネルギーを一緒に確認していきます。

「マインドとハート両方の思考と話す能力を高めてくれる」とある

驚くほど、私の目的にぴったりの1本じゃないですか!
気になったので最終候補に残ったもう1本も読んでみると、

こちらもかなり目的に的確!

編集T「これは……私がコミュニケーションに関する目標だったから、岡山さんが言葉に関するエッセンスを選んでくれたんじゃないですか!?」
岡山さん「私が選んでるわけではないんです。今、ご自身が本当に求めているフィーリング、エネルギーに惹かれたということですよ」

編集者としてコミュニケーション力の重要性を痛感していたこともあり、自分で想像していた以上に切望していたのかもしれません。むむむむ。

編集T「では今日はALASKANのBeyond Wordsを購入します!どんな時に、どのように使えば良いのか教えてください」
岡山さん「ありがとうございます。フラワーエッセンスは基本的に摂取するアイテムなんです。ブランドによっても異なりますが、それぞれ推奨滴数があって……こちらは2滴がオススメですね」
編集T「2滴以上ではいけないのですか?」
岡山さん「あくまでオススメの滴数なので、いけないということはありません。口に2滴を直接落としてもいいですし、お水に落として少しずつ摂るという方もいらっしゃいます。1日に数回こまめに摂るのがよいとされていますね」
編集T「飲み物に落とす場合は薄まりますが、これも2滴でいいんですか」
岡山さん「作り手さんによって考え方が異なることもありますが、基本的にはアラスカンエッセンスは2滴で大丈夫ですよ。エッセンスのもつ波動エネルギーが飲み物に伝わってくれるので」
編集T「なるほど。遮光瓶になっているということは、外部からのエネルギー干渉も受けないと考えていいんですよね?」
岡山さん「さすがに、電磁波を発するテレビの上に置きっぱなしとなると良くないかもしれません。でももっと良くないのは、心配し過ぎること! 携帯電話と一緒にカバンに入れるとまずいかしら、2滴より多く摂取したから良くないんじゃないかしら。そういうネガティヴな気持ちにずっと囚われているのは、ご自身の心身にとって良くないから」
編集T「もっとルールが厳しいものかと思っていました、ちょっと意外」
岡山さん「全然厳しくないんですよ(笑)。気をつけてほしいことは、スポイトのゴム部分が傷みやすくなるので寝かせての保存をしないことです」
編集T「ありがとうございます! それを聞いて安心しました」

左が玉井代表。まだまだ世界中に気になってるエッセンスがあると語ってくれた

帰り際に、代表の玉井宏さんに少しお声掛けいただきました。「自分が特別エネルギーに敏感だと思えないので、フラワーエッセンスの効果を感じられるのかちょっと心配です」と伝えると、「自分自身よりも周りの人が、なんだか目の輝きが変わったんじゃない、と変化に気づく場合が多いですよ」とのこと。目から鱗が落ちました。『自分のゴール、どうなりたいかを認識して肯定的に取り組むことが実は一番大切』なんだそうですよ!

<後日談>
使い始めて約2カ月。“自分のゴールを意識して取り組むことが大事”と伺ったので、最初は話したり書いたりする仕事のあるとき、お守り的に使用していました。「これがないと不安…」と依存してしまうのも困ると少し心配でしたが、使用しているうち、逆に少しずつ構える気持ちが減り、摂取しなくてもポジティブな気持ちで臨む癖がついたように感じています。ああ、こういうことなのかなと、最近効果を実感しているところです(※個人の感想です)。

*****

ネイチャーワールドでは平日の営業時間中、無料でエッセンス選びをお手伝いしています。興味があるけど始め方が分からない人、自分で選んでいるけど2,800種の中から自分の1本を選びたい人は、ぜひ一度、足を運んでみてください。ではでは。

 

〔詳細情報〕
取材協力:ネイチャーワールド https://natureworld.co.jp/
営業時間:平日10~16時
開催地:東京・東陽町
費用: 相談無料

セラピーの種類:フラワーエッセンス
セラピーのレベル:初級
セラピーの先進性:オーソドックス(根源的)
セラピーを活用できる場所:サロン、自宅
体験者:セラピスト編集部 竹田

-
/

おすすめ記事

no image

全国のスクール講師が教える 「講師活動で学んだこと」

講師を志すきっかけは人それぞれ、さまざまな理由があります。そのきっかけは違えども、多くの講師たちは仕事を通して成長し、自 …

毎日の通勤電車って大変。乗客同士で触れ合う肌から伝播する、ピリピリとナーバスな空気をなんとかしたいものです

こんにちは、編集部のTです。 都会の宿命とはいえ、通勤時の満員電車のダメージってどうしてこんなに大変なのでしょう、朝から …
no image

4月号「オリジナル香油作り」取材風景

都内で行われた「オリジナル香油作り」のワークショップのもようをお届けします。 まずは開会の挨拶。左は現代アート作家の佐原 …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD