免疫力アップ、ペスト菌対策のハーブ、ダイヤモンド・プリンセス号の心のケアなど、必見のWithコロナ特別講座

投稿日:

PR

 12月17日(木)、18日(金)に開催する「発見!アロマ&ハーブEXPO 2020」。会期二日目に行う「Withコロナ特別講座」4講座は、いずれも必見の内容だ。 そのラインアップは、①免疫力を上げる解剖生理学セミナー、②コロナ禍でも経営が安定するマッサージ講座、③ペスト菌対策に用いられたハーブに学ぶ、④ダイヤモンド・プリンセス号の心のケア、の4コマ。
以下に詳しく紹介する。

 

 

12月18日(金)9:20〜10:20
現場で使える解剖生理学〜血流・血液を整えるセラピストの力〜

私たちの身体は37兆個、200種余りの細胞から構成されていますが、すべての細胞は血流により酸素と栄養素を取り込むことで生命を維持しています。また恒常性を維持するためのホルモンや免疫分子なども血液が運びます。これら血液成分と血流が健康に多大な影響を与えることは明確です。今回は血液にフォーカスし、血液から見えてくる身体の状態と、セラピーを行うことで血流や血液成分が変化する理由をお伝えします。知識を持ったうえでのサロンケアとカウンセリングで絶大な信頼を得てください。

講師プロフィール
福場美知留(ふくばみちる)
アロマ・リンパセラピスト協会会長。臨床検査技師として病院に9年間勤務した後、自宅でホームサロンを開業し化粧品メーカーを設立。300人あまりのエステティシャン養成と開業支援を行う。2008年アロマ・リンパセラピスト養成スクールを開校。男女共同参加企画、看護師勉強会、スポーツジム、企業などで「美容・健康・アナリスト」として講演も行う。

 

12月18日(金)11:00〜12:30
コロナ禍でも経営が安定化! 免疫力と満足度を高める東洋医学のマッサージ

固定客の増加につながり、経営も安定化するツボセラピー。東洋医学の知恵、ツボを使いこなせば、クライアントの様々なリクエスト、愁訴を和らげられるようになります。「肩こり 目の疲れ 更年期 冷え性 むくみ 自立神経」などの様々な不調にツボは対応。押したり、揉んだり、タッピングしたり、セラピストの出来る様々な方法でツボを刺激すれば、リラックスだけでなく、クライアントの様々な、「身体の不快や不調」を楽にすることができます。30万人の臨床歴を基に、「明日から使えるツボの見つけ方と使い方」を実技をまじえて解説。クライアントの身体で、「実際に効くツボを見つける方法」や、ツボを使う様々な手技で、明日からのケアにすぐ使えるものを紹介します。

講師プロフィール
広橋憲子(ひろはしのりこ)
鍼灸あん摩マッサージ指圧師。「日本マニュアルセラピー協会」で長年スウェディッシュ、ディープティシュー、スポーツマッサージ等をセラピストに教授。国立大学でマッサージ実技教育に従事。ドイツ、米国、英国、スウエーデン等にマッサージ留学。学会発表多数。北京、ロンドン五輪公式トレーナー。著書に『スウェーデンマッサージ入門』(医道の日本社)、DVD『All About スウェディッシュマッサージ』『ディープティシュー・マッサージ』(共にBABジャパン)など。

 

12月18日(金)13:20〜14:20
ペスト菌対策に用いられたハーブに学ぶ! ハーブを活用した心と身体の浄化・保護

世界を震撼させる新型コロナウィルスに直面する私たちですが、人類と細菌との戦いの歴史の中には、植物が活躍した歴史があります。中でも人類史上最悪の感染症の一つといわれたペスト菌、当時の医師たちは、自分の身を守るためにどのような対策をとり、乗り越えたのか……。現代を生きる私たちが「植物の力」を活用していくため、当時、ペスト菌対策に「抗ウイルス効果がある」として用いられたハーブやその活用方法、そして植物の持つ心理作用についてもお伝えいたします。

講師プロフィール
川内美登子(かわちみとこ)
臨床心理士・植物療法士。㈱川内美登子・植物代替療法研究所代表取締役。(社)川内美登子・日本ハーブ学会代表理事。臨床心理士として英国に3年間滞在し、植物療法全般の指導講習修了。開発したブレンドハーブティーは、大手航空会社国際線ファーストクラスのドリンクメニューに採用中。英国王立ハーブ団体の理事に推薦され就任予定など、日本のハーブ第一人者であり、日本と英国の懸け橋となる“日本のハーブ大使”として活動中。国連本部のHPにて新型コロナに向けたメッセージ動画を配信中。

 

12月18日(金)15:00〜16:30
厚労省やダイヤモンド・プリンセス号の「心のケア」のプロが教える コロナ禍における、メンタル・セルフケア

自粛や新しい生活様式への変化など、今までと違う生活になることで、コロナ疲れを感じている方も多いようです。コロナ禍だからこそ、自分らしく過ごせるためには、毎日のセルフケアがとても大切です。自分に合う方法を見つけてみてください。ダイヤモンド・プリンセス号心のケア、厚生労働省コロナ関連心のケア相談でスーパーバイザーの経験を持つ心の専門家が、日常で使える、優しくためになるセルフケアの方法をお伝えいたします。

講師プロフィール
浮世満理子(うきよまりこ)
アイディアヒューマンサポートアカデミー学院長。20代でメンタル不調になったことをきっかけに、渡米。心理カウンセラーとしての実践を積む。心理カウンセラー業界団体一般社団法人全国心理業連合会(全心連)代表理事。スポーツ選手や芸能人・経営者など幅広いカウンセリングやメンタルトレーニングを行う。著書に『こ・こ・ろカウンセラー浮世満理子の日々』(小社刊)がある。

-
/ / / / / /

おすすめ記事

2020年の流行語に連なるのは、やはりあの言葉? セラピー業界も必然的に!

今年も早いもので、10月も後半にさしかかりました。毎年、年末になると「今年の流行語」が話題になりますが、2020年は「新 …

「セラピスト6月号」5月7日に発売! 特集は、「40代、50代でセラピストになる!」「プライベートブランドを作ろう!」

「セラピスト6月号」が5月7日に発売となります!       第1特集は、「40代、50代 …

フルボディトリートメントで覚醒! 元気になり動き出したくなった、不思議な体験!

アロマオイルを使った、フルボディトリートメントを受けた時のこと。       経験豊富なそ …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD