メルヘン精油ブレンドレシピ 第8回『雨姫』

投稿日:2019年7月31日 更新日:

mar_key.jpg

メルヘンをテーマに、絵本や児童文学の世界の香りを創造している「GREEN GRASS」主宰の豊泉真知子さん。全12回に渡り、多数の童話をイメージした香りを制作してもらいます。果たして、どんな香りに仕上がるのでしょうか?
文◎豊泉真知子


第8回目のメルへン『雨姫(雨ひめさまと火おとこ)』

mar08.jpg

メルヘンを大切にした、ドイツの作家テオドール・シュトルムの
『雨姫(雨ひめさまと火おとこ)』

テオドール・シュトルムが活躍した時代は、ロマン主義の時代が去り、すでにリアリズムの時代にあったため、シュトルムの著作『雨姫』は『三つのメルヘン』という題名で出版されたものの、メルヘンと聞くだけで受け入れられませんでした。「メルヘンは信用を失ってしまっている。メルヘンは、そまつな仕事を彩り豊かな絵で飾り立て、そうすることによって無数の少年少女雑誌に市場を獲得したディレッタンティズム(素人芸)のアトリエと化してしまった。このような状況をよくよく考えた上で、この小さな本に二度目の旅をさせるにあたり、危険性のない題名に変えることにした」と、序文に書き、第二版から『たる物語』になりました。

この『雨姫』では、晴雨計しか信じないというマーレンの父親と、昔ながらの自然と対話し折り合う力を信じるマーレンたちとの対比を描くことによって、科学と物質に偏っていく時代傾向に警鐘を鳴らしています。
※晴雨計=天気が晴れるかどうか予想する機械

mar_003.gif

数年の日照り続きで牧草地がすっかり枯れてしまった村で、湿地での収穫があり、一人喜んでいる男がいました。男にはマーレンという娘がいて、彼女には幼なじみの恋人アンドレースがいましたが、ふたりの交際は男に反対されていました。ある日「明日のうちに雨が降ったら、そのときは二人を結婚させてやる」と男が宣言しました。

アンドレースの母親がマーレンに、「雨が降らないのは、きっと雨ひめさまが眠っているからだ」と伝え、昔ひいおばあさんが雨ひめさまを起した事や家畜に悪さをする火おとこの話をしました。アンドレースが出会った火おとこの奇妙な歌が「雨ひめさまを起こす呪文」だったのです。

マーレンとアンドレースに、ひいおばあさんが大切にしていた、実は雨ひめさまからの贈り物の「薬草入りハチミツ」を母親が持たせてくれました。婚前の娘だけが雨ひめさまに会えるので、暗い庭園をマーレンは途中から勇気を出し一人で歩いて、眠っていた雨ひめさまに会うことができました。雨ひめさまを呪文で起こすと、急いで雨を降らせるため、二人で閉ざされた泉に行き、鍵を渡されたマーレンが井戸のふたを開けることができました。

すると、水があふれ、辺りは淡い緑になり、花が咲き始め、かぐわしい香りが満ち溢れました。雨ひめさまも元気になり、マーレンに言いました。「みんなが私のことを忘れないのと同じに、私もみんなのことを忘れませんでしたから、畑にはいつだって雨のふらないことなんかなかったのよ。これからは、私をけっして忘れないでね」
村は緑でうるおい、二人の結婚式です。青空のもと天からの雨粒は雨ひめさまからの祝福だったのでしょうか。

『雨姫(雨ひめさまと火おとこ)』をイメージした自然香水を制作

『雨姫』の香りのイメージ

雨ひめさまが潤した、薬草が生える緑の牧草地の香り。ブルー色をした香水。

mar08_01.jpg
民家の薬草園

  • 灼熱の大地と火おとこ
    • 雨ひめさまが長いこと眠ってしまったため、火おとこは、野原を枯らし、羊たちの水までも枯らしてしまいます。
  • 薬草入りハチミツ
    • 雨ひめさまから頂いたハチミツ。このハチミツには元気の出る薬草がたくさん入っています。
  • 眠っていた雨ひめさま
    • ようやく起きた雨ひめさまと、勇気のあるマーレンとで、花々が咲き、緑の潤いがよみがえります。

『雨姫』のブレンドレシピ

mar08_02.jpg
ドイツ、ウルムの草をはむ羊

mar08_03.jpg
ヤロウ

ハートノート5滴:ヤロウブルー1(薬草)、ラベンダー3(プロバンスの夏)、ローズブルガリア1
ベースノート5滴:ハチミツオイル2(ハチミツ)、アイリス2(かぐわしい根)、バニラ1
ヘッドノート10滴:マンダリン4、ベルガモット2、シトロネラ2(薬草)、ローズマリー1(緑)
ニュアンサー1滴:オレガノ1(薬草のスパイス)

※ホホバオイルで作成。全体で5mlに。熟成は2ヶ月かかります。時々香りを確かめましょう。

参考文献)テオドール・シュトルム文/ヤン・クドゥラーチェク絵/塩谷竹男訳『雨ひめさまと火おとこ』(佑学社)/矢川澄子訳『たるの中から生まれた話』より『雨姫』(福武文庫)/モニカ・ヴェルナー著『アロマテラピー実践事典』(東京堂出版)

この連載で使用されている精油が特別価格でご購入いただけます!

ドイツ発、100%天然精油「TAOASIS」

taoasis.jpg

TAOASIS(タオアシス)精油は、香りと品質にこだわり、ドイツ政府により認定された「BIO(有機栽培種)」品質製品を多く取り入れ、シュタイナー農法(バイオダイナミック)による農場産もあります。その品質の高さから「最高位」のクラスに認定されています。

「TAOASIS」詳細はこちら

著者プロフィール

豊泉真知子(とよいずみまちこ)さん

アロマプランナ-、ドイツの精油タオアシス輸入総代理店GREEN GRASS主宰、ドイツの本の出版企画。ヒルデガルトの植物を学ぶ会代表。ドイツ・ヒルデガルトの旅を毎年7月企画。メルヘンと香り展開中。
取材協力◎GREEN GRASS TEL048-886-6613 http://www.egreengrass.com/

-

おすすめ記事

ハーブを毎日の食卓に取り入れてみたい方へ。ハーブを育て料理をするときの疑問に答えています!「フードセラピー夏号」発売中!

「美しくなるフードセラピー夏号(Vol.6)」の特集は、心と身体に効く薬草との出会いや物語、レシピを紹介する、「ハーブの …
no image

いろんな夏バテ対策。

こんにちは〜。 セラピスト編集部のHです。 いきなりですが、夏バテです。 夏バテ…。 夏バテ。 こんなときは …

日本最高峰のセラピストの祭典「第5回リラクゼーションコンテストJAPAN 2018」開催! 2万人の頂点が決定!

「第5回リラクゼーションコンテストJAPAN 2018」ファイナルが、10月30日にYAMANOホールで開催され、「セラ …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD