「フェイシャルトリートメント」をエステだけでなく、セラピストがいるセラピーのサロンで受けてみたい!

投稿日:2020年3月26日

セラピーサロンにおける「フェイシャルトリートメント」の需要が高まっています。以前であれば、フェイシャルの施術はエステティックサロンで受ける人が大半を占めていました。

もちろん今でも、エステの看板メニューであることに変わりはないのですが、小顔やシミ・シワ・くすみ等に対応する「美容目的」のフェイシャルトリートメントだけでなく、凝りをほぐしたり、花粉症や喘息、眼精疲労などの症状を和らげる、「健康になるための」フェイシャルトリートメントが注目されています。

セラピーサロンを訪れるクライアントは、身体だけでなくお顔のケアも望んでいます。フェイシャルトリートメントが出来ないために、お客様がサロンを離れてしまわないように、フェイシャルのスキルを身につけたい!

そう思い、学んでメニューに取り入れようとするセラピストが、年々増えているのです。

そのためには筋肉の構造・働きを理解することは当然として、骨格・リンパ・経絡経穴等の知識も必要となります。

現在発売中の「セラピスト4月号」では、美と健康のためのフェイシャルを特集しています。

「身体に効くフェイシャル」と「美顔をつくるフェイシャル」の2章立てで、「リンパドレナージュwith筋形セラピー」「ネトラバスティ」「フェイシャルリフレクソロジー」「エフェクティブタッチ・フェイシャル」「エンドリングフェイシャル」の各手技を、写真入りで解説しています。

ぜひ、お客様の満足度を高めて、愛されるサロン・セラピストであり続けるために、フェイシャルのスキルを身につけてみませんか?

編集部I

-
/

おすすめ記事

平賀源内

「本日、土用 丑の日」鰻の“旬”は 冬 だとか…売り方の工夫で、夏の“人気メニュー”に

2019年7月27日は土用丑の日です。土用丑の日といえば『鰻』ですよね。皆様は『鰻』食べますか?日本では、鰻の旬とはほど …

【期間限定動画公開中!】一般社団法人プラスアロマ協会代表理事・齋藤智子さんに学ぶ 「アロマ調香デザイン学」のエッセンス

第5回 アロマ空間演出の「プロセス」「空間づくり」に必要なものとは? これまでアロマセラピストとして、アロマスクール、マ …

世界的に収穫祭の多い秋…食欲の秋は深まっていきます。

ハロウィンといえば 現在発売中の「セラピスト10月号」に掲載している企画「植物に触れ知識深まるクラフト作り」でハロウィン …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD