自分なりの“フードセラピー”

投稿日:


こんにちは!
お盆真っ只中の今、
世間的にお盆休みをとっている人が多いと思われ、通勤電車が空いていて、
「いつもこれくらい電車がゆったりしていればいいのに…」と思ってしまいます。(笑)

「セラピスト」編集部に配属されて、早1ヶ月。
早く仕事を覚えるために、バックナンバーを読んでいて気になった
“フードセラピー”という言葉。
なんとなく聞いたことはあるけれど、それってどんな意味なのか?(まだまだ勉強不足です(汗))

「セラピストONLINE」では、
「食を通して、心身の健康をはかるセラピー。現代栄養学のほか、マクロビオティックや薬膳、アーユルヴェーダ食なども含めた食養生」と記されていました。
ふむふむ…、健やかに生きるために“食”によって身体を癒すという考えか! と
一つ勉強になりました!

「食は人なり」と言ったもので、人間の身体は食物でできています。
20代は、ジャンクフードやコンビニ飯、お菓子を好きなだけ食べても体調に支障がなかったのに、現在(40代)はそういった食べ物を常食すると、
「なんとなくだるい」が続く実感があり、食に対する考えを改めないとと、
強く思うようになりました。

そこで不精な私は、完璧な「マクロビオティック」や「薬膳」などはできていませんが、
以下の3つを心がけています。

①砂糖を多く含む食品をなるべく摂取しない(糖尿病予防のため)
②できるだけ玄米食を心がける(ビタミン、ミネラル、食物繊維を補うため)
③食品添加物をなるべく摂取しない(身体の中で無害なものに解毒する内臓の負担を減らすため)

上記の心がけを長期的にゆるく実践しつつ、取り入れたい食事内容があればチャレンジして、
“自分なりのフードセラピー”を続けていこうと思います。

                                        編集部U

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
セラピーライフスタイル総合展「THERAPY WORLD Tokyo 2023」
→@aromaherb_expo

セラピーのチカラ、セラピストのハートを伝える
「隔月刊 #セラピスト誌」をfollow♡
→@therapist_bab
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

 

おすすめ記事

本場スリランカで、アーユルヴェーダ・セラピストとしてブラッシュアップ!

「アーユルヴェーダ・セラピスト10日間ブラッシュ・アップ・コース」がスリランカで行われた。理論と実技の学習のほか、日ごろ …

まだまだあります! 三大精油を使いこなすレシピ ゼラニウム編(セラピスト10月号連動記事)

セラピスト10月号の第1特集「三大精油“徹底”活用ガイド」では、ラベンダー、オレンジ、ゼラニウムについて、それぞれ5人の …

山川紘矢・山川亜希子夫妻と楽しむ春宵のセッション開催!

『ザ・シークレット』『アウト・オン・ア・リム』の翻訳で知られる山川紘矢・山川亜希子夫妻。 自分の中にある「完璧な夢と現実 …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD