酸化しにくく、血糖値を下げる!「マカデミアナッツオイル」のトリートメント

投稿日:2014年3月6日 更新日:

macadamia.jpg

セラピスト4月号第2特集『キャリアオイル活用ガイド』では、ホホバオイルからグレープシードオイル、ローズヒップオイルや月見草オイルなど、さまざまな植物油の機能性や使い方について解説しています。
ここでは、「マカデミアナッツオイル」をピックアップ。その特徴について紹介していきます。

構成◎本誌編集部

1 サロンで重宝する、使いやすさとコストパフォーマンス

 アロマトリートメントのキャリアオイルとして、「マカデミアナッツオイル」を重宝しているのが、アロマテラピーサロンの「アロマスフィア」。
代表の宮川明子さんは、「うちはキャリアオイルといえば、まずマカデミアナッツオイルなんですよ」と言います。
その理由はバランスの良さ。例えばココナッツオイルのように身体を冷やすオイルでもないし、半面、過剰に温めることもない。良い意味で中庸なオイルであるため、どんな場面、クライアントにも使えるそうです。
「また、使ってみると分かると思いますが、肌になじみやすいし、質感が施術をするのにちょうど良いですね」と宮川さん。適度な粘りで手が滑りすぎることがなく、トリートメントしやすいとのこと。手技を邪魔しないオイルであるようです。
さらに、それほど高価でなく品質が長持ちするのも、サロンで使う植物油に選ばれる理由。
「一度サロンに酸化の匂いがつくと、なかなかその匂いがとれませんし、シーツがダメになってしまいますよね。でも、マカデミアは値段の割には酸化しにくいので、とても使いやすいと思いますよ」

oil.jpg

2 「マカデミアナッツオイルのトリートメント」で血糖値が低下!

 他の植物油と比べ、マカデミアナッツオイルには、「パルミトレイン酸」という不飽和脂肪酸が多く含まれています。
パルミトレイン酸は、人間が自ら生成できる栄養素ですが、年齢とともにその分泌量が減っていくため、植物油を摂取することでその不足を補うことが出来ると言われています。そしてその効果は”飲食する”だけでなく、”皮膚に塗布する”ことによっても得られるのです。
2010年・2012年に、大阪大学大学院医学系研究科・前田和久准教授のグループが行った研究では、「マカデミアナッツオイルのトリートメントにより、血中のパルミトレイン酸の濃度が増え、血糖値が低下した」という実験結果が示されています。

マカデミアナッツオイルのトリートメントによる身体への作用を、ぜひサロンでも実感してみてください。

-

おすすめ記事

no image

エスグラの季節がやってくる

エステティックグランプリの季節が近づいてきました。 昨秋から今年にかけて開催された「第1回大会」に引き続き、「第2回大会 …

「性虐待にあった女性の妊娠・出産・産後ケア」ワークショップ

全米から50人の医師、看護師、セラピストらが参加した 出産の寄り添いをする、「ドゥーラ」を養成する教育機関が開催!  2 …
no image

東洋医学の凄さ

こんにちは。セラピスト編集部のはんざわです。 セラピスト8月号が本日発売になりました。ご協力いただきました皆さま、本当に …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD