整筋ストレッチ

ご購入はこちら

価格
5,500(税込)
監修者
上原健志
指導者
上原健志
収録時間
60分
発売日
2021年7月10日
ジャンル

力は要りません!
服を着ないオイル施術にも使えます!

整体・アロマ等の各種リラクゼーションサロンで
【4割以上のお客さまが好む】といわれる【ストレッチ】。

一方、ストレッチ技術に興味はあっても
関節を大きく動かしながら施術を行うため

「体力を使いそう」
「服を着ないオイル施術では使いにくそう」

と敬遠している施術家の方もいると聞きます。

そこで考案されたのが上原健志先生の【整筋ストレッチ】。
最大の特徴は【関節を動かさずに】筋肉の走行に【直接働きかける】ことです。

例えば【大腿四頭筋(直筋)】を施術したい場合。
通常は施術者がお客さまの膝を曲げ、股関節を伸展させながら
大腿四頭筋(直筋)にアプローチしていきます。

一方、整筋ストレッチは
大腿四頭筋(直筋)の【走行(停止:脛骨粗面〜起始:下前腸骨棘)】に沿って
親指や手根などのソフトな圧で擦り上げていきます。

この方法によって、力を使わなくても
アプローチしたい筋肉をストレッチできます。

さらに関節を動かさないので
タオルがはだける心配が少なくなります。
ですから、服を着ないオイル施術にも応用ができます。

そして筋肉にダイレクトに働きかけるので【短時間での施術効果】が期待できます。

以上のように、今までにない発想の技術なので

・差別化できる、強みのある技術を身につけたい
・技術の幅を広げて、クライアントのさらなる信頼を得たい

という施術家の方にも、自信を持ってオススメ出来るDVDです。
CONTENTS

【関節を動かさずに行う…整筋ストレッチについて】
■日常生活に役立つ体作りとは?
【静と動の二種類がある…柔軟性とは何か?①】
【他動と自動の二つの動き…柔軟性とは何か?②】
【筋繊維の種類・収縮方法…筋肉の構造・特性】
■既存のストレッチとの違い
【既存のストレッチの種類・効果】
【整筋ストレッチの特徴】
■必要な解剖学
【筋肉の起始と停止】
【筋腹と腱では動きが異なる】
【筋肉の走行・位置・境目】
■下半身の整筋ストレッチ(歩行力の向上、腰痛、膝痛)
○仰向けの施術
【術前検査…①速度・歩幅/②脚の引きつけ】
(大腿四頭筋のストレッチ)
【起始・停止・作用】
【全体のストレッチ/局所のストレッチ】
【下前腸骨棘の見つけ方】
(大腰筋のストレッチ)
【起始・停止・作用】
【全体のストレッチ/局所のストレッチ】
【術後検査…脚の引きつけ】
○うつ伏せの施術
【術前検査…股関節伸展】
(大腿二頭筋のストレッチ)
【起始・停止・作用】
【全体のストレッチ/局所のストレッチ】
(半腱様筋・半膜様筋のストレッチ)
【起始・停止・作用】
【全体のストレッチ/局所のストレッチ】
(大臀筋のストレッチ)
【起始・停止・作用】
【全体のストレッチ/局所のストレッチ】
【術後検査…①股関節伸展/②速度・歩幅】
■上半身の整筋ストレッチ(肩まわりの動き改善、肩こり、五十肩)
【術前検査…①両肩の外転/②体幹の側屈】
(大円筋・小円筋のストレッチ)
【起始・停止・作用】
【全体のストレッチ/局所のストレッチ】
(棘下筋・棘上筋のストレッチ)
【起始・停止・作用】
【棘下筋…全体のストレッチ/局所のストレッチ】
【棘上筋…全体のストレッチ/局所のストレッチ】
(三角筋のストレッチ)
【起始・停止・作用】
【全体のストレッチ/局所のストレッチ】
【術後検査…両肩の外転/体幹の側屈】

著者プロフィール

指導監修◎上原健志

柔道整復師、NSCA認定パーソナルトレーナー、'75年生。大学卒業後、日本体育大学医療専門学校へ進み、整骨院・整形外科・スポーツクラブに勤務、'08年株式会社マジックハンズを設立する。述べ3万人のセラピスト育成に関わり、現場目線での分かりやすく楽しい指導で人気を博している。書籍『解剖生理&ストレッチマスター』(笠倉出版社)、DVD『筋肉触診バイブル(全二巻)』『動きの解剖学(全二巻)』(共にBABジャパン)。

協力◎マジックハンズ ・セラピストアカデミー

-