フラワーエッセンス療法 エネルギーメディスン

花療法でチャクラをパワーアップ!
フラワーレメディ研究の日本の第一人者による心と体を元気にする選び方と使い方。

体に備わる7つのエネルギーの中枢「チャクラ」と植物の共振作用で、チャクラを整え、開き、活性化させる!!

花のエネルギーを水に転写して作るフラワーエッセンスは、適切な処方で心身の不調を解消し、全身にエネルギーを満たしてくれます。
色、体の部位、心理機能は以下のようにチャクラと相対しています。

第1チャクラ 赤 足、下腹部 生きる喜び
第2チャクラ オレンジ 腹部(腸) 自分の感情を味わう
第3チャクラ 黄色 腹部(胃) 意見を形成する
第4チャクラ 緑 胸 あらゆるものに共感する
第5チャクラ 青 のど 社会の中で自分の果たす役割を知ることができる
第6チャクラ 紫 額 洞察する
第7チャクラ 白 頭 執着を手放す

フラワーエッセンス療法は、まるで大きな森のようです。その森は足下にも頭の上にも広がり、あたりを見回しながら歩くと、際限なく花や実りの恵みを見つけることができます。豊かで美しいフラワーエッセンスという森の中に、あたなも足を踏み入れてみませんか?

セラピストやヒーラー、施術に関わる人たちだけでなく、精油やハーブ愛好家、そしてすでにフラワーエッセンスを生活に取り入れている人にもおすすめ!
各フラワーエッセンスの性質を活かした、正しい使い方を学ぶことができます。

●チャクラに対応するフラワーエッセンスの植物ガイド

●エピソード1 チャクラとフラワーエッセンスとの関係
●エピソード2 フラワーエッセンスの作用と使い方
●エピソード3 第1チャクラとフラワーエッセンス
●エピソード4 第2チャクラとフラワーエッセンス
●エピソード5 第3チャクラとフラワーエッセンス
●エピソード6 第4チャクラとフラワーエッセンス
●エピソード7 第5チャクラとフラワーエッセンス
●エピソード8 第6チャクラとフラワーエッセンス
●エピソード9 第7チャクラとフラワーエッセンス
●エピソード10 ハーブや精油 植物レメディとの組み合わせ
●エピソード11 ボディワークで役立つ 症状別セッションでの使い方
●エピソード12 セラピストのセルフケアへの活用術

●コラム
顕在意識と潜在意識をつなぐ! フラワーエッセンスの力
植物と人間のエネルギーが同調する瞬間、起こる変化

著者プロフィール

著者 ◎ 王由衣(おう ゆい)

スクール・オブ・ヒーリング・アーツ・アンド・サイエンス(SHAS)校長。ヒーラー。教育家、聖職者。大学時代に渡米後、バーバラ・ブレナン・スクール・オブ・ヒーリングで学び、ヒーラーとして活動を続けながら同校で教師を務める。退職後、ヒーリング教育センター(現SHAS)を設立。民族植物学やシャーマニズムにも造詣が深く、多様な分野をカバーする講義と実習指導には定評がある。ヒーリングと教育活動の傍ら、翻訳や執筆活動も行う。翻訳書『癒しの光上・下』(バーバラ・アン・ブレナン著。河出書房新社)他。著書に『フラワーエッセンス事典』(小社刊)

SCHOOL OF HEALING ARTS AND SCIENCES
https://lifeschool.org/

ブログ「ヒーリングとアルケミー」https://healer.blog/

X「Healing_Alchemy」
https://twitter.com/Healing_Alchemy

-