バウンダリーの魔法

生きづらい毎日に さようなら!
人に振り回され、満たされない思いを抱いているあなたへ

「なぜ思うように進まないんだろう」「なぜ私ばっかり……?」
その悩みの最も大きな理由の一つは、人間関係。
自分や周囲の人の性格のタイプを知り、特有の思考のクセを知れば、周囲に振り回されず、自分らしい人生の選択が可能になります。
必ず思い当たる「性格あるある」をマンガでユーモラスに紹介しながら、自分と人との関係性で生じる問題の解決法を解説します。

5つのキャラクトロジーの特徴
あなたはどのキャラクター?
●スキゾイド 存在感がなく、空想好き。人の話を聞いていないが、恋人は途切れない
●オーラル かわいいもの、キラキラしたものが大好き。自分の主張ができず、しかも頼まれごとを断れない。
●マゾキスト 丸顔ぽっちゃりで童顔。表面上はニコニコしているが内心はムッツリ。実家暮らしが多い。
●サイコパス 女子力高く、ゴージャス好き。常に異性の目を気にする。つい競争意識が顔を出し、一人思考にはまる。
●リジット 規則正しい毎日と人生。潔癖性で、よくいえばストイック。でも、空気が読めない。

人の性格は5つに分かれ、反応がパターン化しています。
例)お土産
スキゾイド そもそも、お土産を買うという意識がない。
オーラル  非常に悩んだ末、もらった人が困るようなものを買う。
マゾキスト 家族や会社、友人へのお土産を買いまくる。
サイコパス 自分へのお土産のみ買う。
リジット  人数分が入った小包装のお菓子の封を開け、一人ずつ同じセリフで配る。余ったら持ち帰る。
●第一章 あなたの「性格」は防衛反応からできている
この人、いい人? 悪い人?
私たちは多様性の中に生きている
キャラクトロジー心理学って何?
人の性格は5タイプに分かれる

●第二章 5つのキャラクターストーリー
スキ子ちゃんの1日(スキゾイド編)
ラル子ちゃんの1日(オーラル編)
マゾ美ちゃんの1日(マゾキスト編)
サイ子ちゃんの1日(サイコパス編)
リジコちゃんの1日(リジット編)

●第三章 「バウンダリー」で人づき合いを整理する
キャラクトロジーとバウンダリー
バウンダリーとは人間関係のものさし
コラム:境界線人格障害

●第四章 セット・バウンダリーとドロー・バウンダリー
12のバウンダリー
内側のセット・バウンダリー
外側のドロー・バウンダリー
問題はバウンダリーの優先順位で考える
バウンダリーで問題を解決する
コラム:バウンダリーの問題解決例
ケース1 職場の先輩から受ける言動に萎縮してしまう
ケース2 職場の同僚との仕事のペースが違う
ケース3 夫の家事の手伝いにカチンとくる

●第五章 カウンセリングで見る5タイプの特徴
カウンセラー・美穂子先生との出会い
カウンセリング1 スキ子の巻
カウンセリング2 ラル子の巻
カウンセリング3 マゾ美の巻
カウンセリング4 サイ子の巻
カウンセリング5 リジコの巻
カンセリングその後……

●第六章 さらに深いカウンセリングで自分を知る
2回目のカウンセリング1 スキ子の巻
2回目のカウンセリング2 ラル子の巻
2回目のカウンセリング3 マゾ美の巻
2回目のカウンセリング4 サイ子の巻
2回目のカウンセリング5 リジコの巻
ドロー・バウンダリーと現実創造

著者プロフィール

山本美穂子(やまもと みほこ)

2月10日生まれ、福岡県出身。幼い頃から「心の癒やし」に興味を持ち、2004年バーバラ・ブレナン博士のBBSH単科大学を卒業。数多くの癒やしのメソッドをマスターする中でフロイトの人格構造論と出会う。1万件を超える臨床経験を加味し、これを日本人向けに編み直したキャラクトロジー心理学は、現在では延べ267名の講師が全国に誕生し、受講生も年々増加。ヒーラーとしてのキャリアも長く、後進の育成のため愛媛県松山市に建設したヒーリングセンターにて、自身が校長を務めるプロフェッショナルヒーラー養成のための、ハートインタッチ・メディカルヒーリングスクールを開講。2012年からは実際の医療機関での医療とヒーリングのコラボレーションも実現。さらにはヒーリングクリエイターとして、本書で取り上げたバウンダリースキルを筆頭に、キャラクトロジー心理学をベースにした数々のメソッドやカウンセリングスキルを次々に考案し、世に送り出している。

-