すぐ使えるアロマの化学

立ち読みはこちら ご購入はこちら

価格
1,870円(税込)
著者
川口三枝子
頁数
264頁
発売日
2020年5月22日
ジャンル
/ / / / / /

精油の力って、すごい!

植物の「生きる力」は、芳香成分として私たちを心身の不調から救ってくれます。本書では、精油のさまざまな効能を持つ化学成分をご紹介し、不調を改善するブレンドを提案します。

フランス式アロマセラピーで精油を選び、レシピをつくり、トリートメントを実践!

化学的エビデンスをもとに精油を提案、精油の力を信じるトリートメントが、身体と心にしっかり作用。セラピストが自信をもってクライアントを癒やせる一冊!


「精油を的確に使えるようになり、シンプルなアロマトリートメントで、より効果を出せる。そして施術でお客さまにオキシトシンが出て、自律神経も調整されるので、お客さまにより信頼していただき、満足感を持っていただける。
 精油を替えたことで、私のアロマセラピー、アロマトリートメントは、よいスパイラルに入っていったのです。」
(「はじめに」より抜粋)

こちらの商品は電子版も販売しております。
こちらをクリックすると購入可能な電子書店をご紹介します

CONTENTS

はじめに 私のセラピスト人生を変えた「アロマの化学」

●第1章 なぜ自律神経の不調は精油で改善するのか?
  植物の偉大な力
  自律神経のメカニズム

●第2章 精油成分の働き
  植物に含まれる成分の分類分け
  強壮作用が得意なグループ
   フェノール類
   芳香族アルデヒド類
   モノテルペン炭化水素類(針葉樹)
   モノテルペン炭化水素類(柑橘)
   セスキテルペン炭化水素類(+)
   セスキテルペンアルコール類
   ジテルペンアルコール類
  調整役が得意なグループ
   モノテルペンアルコール類
   酸化物類
   ケトン類
   フェノールメチルエーテル類
   セスキテルペン炭化水素類(—)
  鎮静作用が得意なグループ
   テルペン系アルデヒド類
   エステル類

●第3章 自律神経の不調を整える精油選びとレシピ
  精油を「処方」する前に
  副交感神経亢進で起こる不調
   1冷え、むくみ
   2だるい、やる気が出ない、疲れやすい
   3偏頭痛や気象病による不調
   4アレルギーによるかゆみや炎症のケア
   5咳や喘息など呼吸器系のトラブル
   6下痢などの消化器系の不調
  交感神経系が過剰で起こる不調
   1冷え、むくみ
   2便秘、消化不良、胃痛などの消化器系の不調
   3肩こり、頭痛
   4高血圧、緊張による動悸、頻脈
   5イライラ
   6不眠、睡眠の質の低下
   7疲労、疲れやすい
   8時差ぼけ、夜勤などによる体内時計の不調
  自律神経の乱れ(バランス調整)

●第4章 ホルモン系、免疫系の不調を整える精油選びとレシピ
  ホルモン系の不調
   1PMS
   2生理痛、月経困難症
   3生理時の不快な匂い(デオドラント)
   4更年期の症状
   5無月経、揮発性月経、若年性更年期(40歳以下)
   6慢性疲労
   7不眠、睡眠の質の低下
  免疫系の不調
   免疫のしくみ〜免疫は、外敵と戦う防衛軍〜
   自律神経と免疫
   1風邪・インフルエンザの予防
   2花粉症(アレルギー、かゆみ)
   3風邪の諸症状(鼻づまり、のどの痛み、咳など)

●第5章 神経系意外にも効果的な芳香成分
  皮膚バリアの基礎知識
   皮膚バリアの低下を防ぐアロマセラピー
   毎日の肌のケア
   肌のバリア機能低下で起こる肌トラブル
   1かゆみ、アトピー肌、乾燥肌
   2湿疹、じんましん、アレルギーの肌トラブル
   3内出血のあざ、傷跡の治りが遅い

●第6章 30種類の精油の特徴と働き
  精油の表の見方
   1イランイラン
   2オレンジ・スィート
   3カモマイル・ローマン
   4クラリセージ
   5クローブ
   6サイプレス
   7シナモン・カッシア
   8ジュニパー
   9ジンジャー
   10ゼラニウム
   11ティートゥリー
   12ネロリ
   13バジル(スィート・バジル)
   14プチグレン
   15ブラックスプルース
   16フランキンセンス
   17ペパーミント
   18ヘリクリサム(イモーテル)
   19ホーウッド
   20マジョラム(スィート・マジョラム)
   21マンダリン
   22ユーカリ・ラディアタ
   23ユーカリ・レモン
   24ラヴィンツァラ
   25ラベンダー・アングスティフォリア
   26レモン
   27レモングラス
   28ローズ(ローズ・オットー)
   29ローズマリー
   30ローレル
   禁忌について

●おわりに 心と体に自然の力を
参考文献
症状別索引

●コラム
最新の自律神経理論「ポリヴェーガル理論(多重迷走神経説)」
植物の進化と植物成分
ケモタイプについて

著者プロフィール

川口三枝子(かわぐち みえこ)

ナードアロマテラピー協会認定アロマトレーナー。アロマセラピストトレーナー。アロマ歴20年、2005年東京・八王子でアロマサロンAromaTime主宰。ナードアロマテラピー協会認定校としてアロマセラピストを育成。また、植物そのもの&芳香成分の両方から精油の使い方を学ぶ、オリジナルの「植物の処方箋アドバイザー講座」を通信講座で開講。専門的な知識をわかりやすく教えてくれると好評を博している。

-