ペットのための手当て療法

価格
1,650(税込)
著者
福井利恵
判型
A5判
頁数
152頁
発売日
2022年3月17日
ジャンル
/ /

大切な家族に元気と癒しを。

「長年、動物と心を通わせ合い、癒してきた福井利恵さんが奥義をすべて公開!
『ペットと心が通い、ペットが喜ぶ癒しの手』を見につけましょう。その先に、動物と人と地球が愛の循環を起こす————そんな素敵な世界が待っていますよ。」

獣医師であり、レイキヒーラーでもある著者は、これまで人間に施されてきたレイキを動物に行う、アニマルレイキの第一人者。レイキとは、1920年代に臼井甕男(うすい みかお)氏によって考案された、日本発祥の手当て療法です。

【アニマルレイキのメリット】
*動物の解剖生理を理解し、行うことで症状が改善しやすい。
*ペットと飼い主とのコミュニケーションが取りやすくなる。
*レイキができる環境づくりで、飼い主の精神が安定し、集中力が増す。

アニマルレイキをすると、動物の「問題行動」が改善する!
アニマルレイキで、慢性的な病を軽減する!
アニマルレイキの習慣で、動物のアンチエイジングが可能になる!
アニマルレイキをする飼い主も癒され、幸せホルモンの分泌量が拡大!

あなたが幸せを感じると、ペットも幸せになる。
ペットが幸せを感じると、あなたも幸せを感じる。
そして、あなたがより幸せを感じると、ペットはもっと幸せになる!
                       (プロローグより)

※本書を購入された方には動画をプレゼント!
詳しくは、書籍内の著者紹介ページに記されている
アニマルレイキ協会にアクセスしてください。
高齢のペットたちをケアする方法をお教えします。
CONTENTS

●プロローグ あなたのパートナーアニマルを幸せにする方法

●チャプター1 人と動物をつなぐ「手当て療法」
 「手当て」がもつ不思議な力
 レイキを通す「アチューンメント」
 シンボルとマントラ
 「アニマルレイキ」で人も動物も変わる
 アニマルレイキは動物たちに後押しされて生まれた
 アニマルレイキの特徴
 アニマルレイキでペットを元気に
 アニマルレイキとアニマルマッサージの違いとは?

●チャプター2 アニマルレイキを行う前に
 レイキの基本「五戒」
 飼い主とペットの心体魂のつながり
 アニマルレイキで動物とコミュニケーション
 発霊法
 シットスポット・トレーニング
 四大元素との交流ワーク
 手のひらのエネルギーを感じるトレーニング

●チャプター3 ペットの体と手当て
 体を構成する細胞
 骨格を知ろう
 脳を知ろう
 中枢神経を知ろう
 自律神経を知ろう
 リンパ系を知ろう
 血管を知ろう
 心臓の構造を知ろう
 内臓を知ろう
 泌尿器系を知ろう
 耳の構造を知ろう
 チャクラについて
 チャクラの種類と特徴

●チャプター4 アニマルレイキをしてみよう
 アニマルレイキの実践
 スペース法
 犬のアニマルレイキ
 猫のアニマルレイキ
 小動物のアニマルレイキ
  うさぎ/ハムスター
 そのほかの動物へのレイキ
  豚/羊、山羊/馬/野生動物

●チャプター5 アニマルレイキをしてみたら……(体験談)
 避妊・去勢手術をしたペットにはアニマルレイキで手当てを
 ドッグトレーニングにも役立つアニマルレイキ
 腎臓が要の猫のケアにも最適!
 警戒心の強いうさぎとも仲良くなれました
 婚活への感情とハムスターの状態がリンク!?
 感謝の気持ちでペットを送れた最高の看取り

●エピローグ アニマルレイキはペットと飼い主の心と体の薬箱
 参考*症状別レイキの手当て場所

●コラム
 動物とつながる呼吸法
 動物のホルモン分泌
 デトックスについて
 アニマルレイキと生老病死
 ヒーリングの輪が広がる
 ほかの療法との併用は?
 水の重要性

著者プロフィール

福井利恵(ふくい りえ)

獣医師。一般社団法人 日本獣医ホメオパシー学会(JAVH)認定獣医師。一般社団法人アニマルレイキ協会代表理事。直傅靈氣®師範。息吹呼吸法®指導者。Shelter Animal Association Teacher。ドイツパウルシュミット式バイオレゾナンスセラピスト®(振動療法師)。アニマルコミュニケーター。動物鍼灸師。株式会社アニマルプレジャー代表取締役。
畜産コンサルタント獣医師として養豚場、厩舎での家畜の健康管理等を経て、現在はJAVHの認定医として、株式会社アニマルプレジャーが運営している動物病院、アニマルレイキセンターで治療に当たっている。動物の自然治癒力を引き出す治療法を行うため、アニマルレイキやアニマルコミュニケーションを駆使し、また中国でも特殊な鍼技術である「火鍼(焼いた鍼を一瞬で貫く鍼灸治療)」なども用いる。

一般社団法人アニマルレイキ協会 http://animalreikiassocation.org/


※本書で使用している「アニマルレイキ」は、著者福井利恵氏が商標権利者ですが、一般社団法人アニマルレイキ協会に使用許諾をしています。

-