Tsuji式 PNFテクニック入門

導入編 日本一分かりやすいPNF入門


PNFとは何か

(リハビリテーションから発展した、神経に働きかけるPNF)

(遠心性神経と求心性神経から見るPNF理論)

(人間が本来もつ対角・らせんの動き)

(身体に備わる姿勢反射)

(すべての人には潜在能力がある)

(からだに与える効果と影響)

PNFの効果

(どのような人たちが実践しているか)

(レバレッジ(てこ)を使って女性でもかんたんにアプローチ)

(柔軟性があがる理由)

(神経が促通することで肩こり、腰痛などを改善)

(身体が動かしやすくなるから、ダイエット効果と部分痩せも期待できる!)

(コンディションを高めてQOLの向上)

(柔軟性と可動域をチェックしてみよう)

(ファースト&アフターストレッチ)

(抵抗の方向性と進め方)

(初動負荷が大切)


実践編1 上肢パターン


上肢のファースト&アフターストレッチ

小顔引き締め・首のこり 〜首まわりへのPNF〜

二の腕の引き締め・肩こり 〜肩・腕へのPNF〜

首こり 〜肩こり〜二の腕の引き締めの連動PNF

バストアップ・姿勢改善・呼吸の連動PNF


実践編2 コアパターン

コアのファースト&アフターストレッチ

背中の引き締め

肩甲骨の引き締め・姿勢・肩こり改善

お腹の横の引き締め・腰痛改善

お腹の真ん中の引き締め

お腹の斜めの引き締め・腰痛改善

背中〜腹筋〜お尻〜バランス〜腰痛改善 連動PNF


実践編3 下肢パターン


下肢のファースト&アフター ストレッチ

足首〜ふくらはぎ引き締め・下肢のむくみ解消

太ももの引き締め、股関節・膝関節痛改善

太ももの表・裏(ハムストリング)の引き締め、股・膝関節痛改善


施術者の皆さんへ

PNFを学ぶ。取り入れる

組み合わせて、クライアントの要望に応える

PNFの組み合わせ例:骨盤の引き締めとO脚矯正の組み合わせ

持っている技術に組み合わせ、施術効果をあげていく

新たにPNFというメニューを導入する

(PNFを学ぶには)

(PNFのメニュー例)

(重要なのはクライアントのメンタル面に配慮すること )

神経・筋・関節の機能を最大化、体の潜在能力を活かす施術で、 様々な舞台で活躍する。いま、大注目のPNFの「超」入門書!

神経と筋肉の仕組みを使って、楽に、的確に、そして効率よく施術できる……、それが“PNF”。PNFは、リハビリテーションの手法として考案され、アスリートやダンサーのトレーニング、身体調整法として発達した施術メソッドです。整体やマッサージ、トレーニングなどとも相性がよいうえに、受ける側に無理をさせず、施術する側にも力を必要としない技術と理論があります。

【お知らせ】関連WEBセミナーを開催中

Tsuji式「PNF・ワンポイントテクニック」

書籍と関連したテーマでWEB動画セミナーを開催しています。詳細は上記よりご確認いただけます。

著者プロフィール

辻亮

UP+CONDITION代表。大阪市堺市生まれ。経営コンサルタント、総合病院リハビリテーショントレーナーを経て、ダイエットサロン「UP+CONDITION」を立ち上げる。
PNF、骨盤矯正(カイロ、整体)、耳つぼダイエットなどの施術を通じて、5,000人以上の方と携わり、また一方で、施術やサロン運営に関するセミナー・研修やコンサルティングで、全国200店舗以上の導入実績がある(2011年2月現在)。
サロンの現場と経営の両面からサポートする「現場実践手技のサロン経営コンサルタント」としても、日々意欲的に活動を続けている。

-