同じ目標に向かって、同じ技術を学ぶ そして、頭痛セラピーを天職にする! 頭痛セラピー協会

全国3,000万人以上の頭痛で悩む人たちを救う技術を学ぶど

同じ目標に向かって、同じ技術を学ぶ
そして、頭痛セラピーを天職にする!
頭痛セラピー協会

PR

頭痛の悩みから解放するための技術の習得

近年、日本ではストレス社会やスマホ社会などが生み出した「頭痛」の悩みが大きな問題になっています。現在では3,000万人以上いると言われている頭痛で悩む人たち。特に偏頭痛の人は、840万人も存在し、薬も効かずに悩んでいる人がとても多くいます。子供や高校生なども多く、肩こりみたいに揉んでよし! の施術では、なかなか対応できないのが現状です。

緊張型頭痛・偏頭痛・群発頭痛と、頭痛の理由は人それぞれ。これらを薬などではなく、手技で改善していくのが頭痛セラピー「日だまりショット」です。頭痛患者さんの苦しみは、単なる痛みだけでなく、頭痛という「痛み」とともに生活してきた人生の辛さでもあります。病院に行っても何をやってもダメで、周りにも理解されない孤独感もあります。頭痛セラピーは、そんな頭痛の人の孤独にも寄り添う仕事です。

「もう治らないと思っていた、長年の頭痛の苦しみから解放された」「子どもの頃から飲んでいた頭痛薬をやめることができた」「頭痛が治って、子育てが楽しくなった」と泣いて喜んでくれる人が、多くいらっしゃいます。

真心のある生徒たちと、明るい雰囲気で学ぶ

長年の頭痛を解放してくれるのが、頭痛セラピー「日だまりショット」。これは頭痛セラピー協会の代表で、「日比塾」代表でもある日比大介が独自の手法で考案した技術です。

その技術を学ぶために頭痛セラピー協会~日比塾には、整体師・セラピストはもちろん、サラリーマンから普通の主婦まで、また医療従事者の方も学びに来ています。なかでも塾生の50%以上は、素人に近い状態から習得していることが大きな特徴。

特に主婦の方や女性の方が多い理由には、頭痛セラピー「日だまりショット」は、治療時間も10~15分と身体に負担がないことがあげられます。毎日それほど疲れることなく、10名以上を施術することができます。これはサロン運営の面からも、大きなメリットとなります。

「頭痛の人を救う」という同じ目標に向かって学びながら、塾生同士で悩み相談や指導をしあったりなど、とても明るく楽しい雰囲気のなかで学ぶことができます。

月20名以上集めるマーケティングの習得

これまで全国から200名以上の塾生が集まって、技術を磨き合ってきました。実技講座と個人レッスンで、頭痛が本当に治せるレベルまで手取り足取り指導します。さらには、頭痛治療家としての集客・マインドを徹底的に学ぶことで、開業へと繋げていきます。

また技術だけでなく、集客・マーケティングについても深く学びます。チラシ・HPの作り方や発信方法、月20名以上の新規顧客を集める方法などを教えていきます。

「サロン経営に大切なことは、技術とヒト」

患者さんに真摯に向き合うことができる真心のある人に、頭痛セラピーを学んでほしいという思いがあります。塾生の悩む姿や子どもの頭痛の増加を考えると、頭痛から解放された日本にもっと〝たくましさ〟をもたらすことができればと思います。「この技術が広まれば、全国の頭痛の人たちを笑顔にすることができる。そうすれば、日本全体が明るくなる」そんな気持ちを持って、塾生に熱い指導を続けています。

みんなで〝頭痛セラピー〟を天職にしましょう!

頭痛セラピー「日だまりショット」
無料説明会

3/13(日)10:00~ @ビジョンセンター東京駅前
4/3(日)10:00~ @大阪・梅田駅前(詳細問合)

おすすめインフォメーション

●開業までを学ぶ「プロフェッショナル」コース(12ヶ月間)
実技講座と個人レッスンで、頭痛治療家の技術・集客・マインドを徹底的に学びます。通信システムを駆使し、悩みや質問もその都度解決していきます。塾生同士が常につながっているので、安心して学ぶことができます。

「日だまりショット」を受けた人から寄せられた、感激の声・声・声
書籍『薬づけ人生からの脱出~頭痛がない!』(現代書林 刊)

メルマガ[無料]配信中!
体験会の予定をはじめ、開業・集客の仕方・頭痛を治す技術のポイントなど、価値ある情報をメルマガで配信しています。HPよりご登録ください。

受講を検討している方へ

日比大介
頭痛セラピー協会 代表、頭痛専門「日だまり整体院」院長、頭痛治療家を育てる「日比塾」代表、東京子ども頭痛 院長、中国国家資格 中医推拿師

自分らしく生きることに悩み、人を癒す道に進もうと15年前に整体院を開業。もともと普通の整体をしていましたが、頭痛を一発で改善する頭痛セラピー「日だまりショット」を考案。「頭痛専門」に特化してからは、さらにやりがいも上がりました。
「え!? こんな簡単なやり方で?」と思われますが、本当に頭痛の人が笑顔になっていきます。それも、たった5分や10分で人生が変わっていくのです。病院に行っても改善しない、頭痛患者を次々と救う。頭痛治療家の道は、人を救う仕事です。「日だまりショット」を全国に広めるために2015年日比塾を開設。200名以上の塾生を育成しました。20年には頭痛セラピー協会を創設。
頭痛が治っていく感動のシーンをあなたも味わってみませんか? もし、あなたが真心のある優しいセラピストなら、一度、頭痛治療家への道を考えてみてください。

私がこのスクールを選んだ理由

  • 小池麻紀さん(東京都日野市/花うた整体院)
    「重症の頭痛患者さんが、頭痛を治して頭痛治療家の道へ」
    重症頭痛患者さんだった私は「日だまりショット」によって長年の頭痛が改善されました。自分の子供も頭痛があるため頭痛治療家になることを決意し、頭痛セラピー協会で勉強しました。いまでは子どもや女性の重い頭痛を、日だまりショットで救って行っています。素人からスタートして開業5ヶ月で113万円を達成しました。頭痛治療家の仕事を、子ども達も応援してくれているので、家族もとてもハッピーな雰囲気です。

  • 内田薫さん(日立市・仙台市/頭痛専門ぷあめりあ)
    「崖っぷちの人生から、たくさんの人を救いコロナ渦でも売上アップ」
    人生の逆境に立ち、何も見えなくなった時、セラピストという職業を見つけました。しかし、患者さんの痛みを治すわけでなく癒すだけで、正直やりがいをなくしていました。頭痛の人を救うことを決意し、頭痛セラピー協会で修行し、日だまりショットを習得。自宅で開業し、たった3ヶ月で160万円売上を達成。どんな人にも分け隔てなく接し、多くの頭痛患者さんの痛みに寄り添い、笑顔いっぱいの治療院作りをしています。

  • 檜枝真知子さん(福岡県久留米市/スペシャルウイッシュ)
    「お寺の奥さんが、頭痛の人を救い月間120万売り上げ達成!」
    息子が頭痛になったことがキッカケで、頭痛の治し方を探していました。そこで、頭痛セラピー「日だまりショット」の体験会に参加し、学ぶことを決意しました。息子の頭痛もよくなり、お寺にくる人も頭痛が多いことから治療院を開業。人生の悩みと頭痛を癒すセラピストとして、がんばっています。全くの素人からでしたが、真心を込めて手を当てる頭痛治療家の仕事は、まさに私の天職です。

頭痛セラピー「日だまりショット」
無料説明会

▶︎▶︎▶︎東京
3/13(日)10:00~ @ビジョンセンター東京駅前
▶︎▶︎▶︎大阪
4/3(日)10:00~ @大阪・梅田駅前(詳細問合)

◎頭痛セラピー日だまりショットの魅力と頭痛を治す仕組みの紹介
◎治療技術の体験と手技の説明・症例の発表
◎実際に開業している塾生との対談

頭痛セラピー協会【日比塾】
〒443-0005
愛知県蒲郡市水竹町木船36-1
TEL 0533-67-2129
hidamari-life@db3.so-net.ne.jp
https://www.hidamari-shot.com/

-