セラピストの“未来の成功”をサポートする資格と検定ガイド

セラピストの“未来の成功”をサポートする資格と検定ガイド

現在、世界的にその注目度が上昇しているアーユルヴェーダ。
その中でも『キング』と称される最高峰の施術がシロダーラです。
その奥深い知識と技術を学んで、日本シロダーラ協会が認定する『ダーリスト』になることの魅力、そしてダーリストたちの活躍について紹介します。

取材・文◎山村浩子 提供◎一般社団法人 日本シロダーラ協会

第8回 日本シロダーラ協会認定「ダーリスト」

  • 脳のメンテに最高のシロダーラ

    「私が最初にシロダーラと出合ったのは、ボディケアを学ぼうと訪れたインドネシアのバリ島です。その学校の知識や技術のベースはアーユルヴェーダだったのです」と語るのは、日本シロダーラ協会代表の田畑優美子さん。

    アーユルヴェーダはインドで誕生した5000年の歴史を持つ生命哲学。その養生法は世界保健機構WHOでも予防医学として認められています。

    バリ島で学んだ施術法の1つが、額にオイルを垂らしていく、究極のリラクゼーションメソッドとして有名なシロダーラでした。

「キング・オブ・アーユルヴェーダと呼ばれるにふさわしい、その効果の素晴らしさに私はすっかりのめり込んでしまいました」

帰国後もセミナーを受けたり、スリランカまで出向いたりと、勉強を続けた田畑さん。勉強すればするほど、この素晴らしさをもっと日本に広めたいという想いが強くなっていきました。

「シロダーラは唯一の脳のトリートメントと言われています。脳は頭蓋骨で守られているため、マッサージをしたくても揉むことはできません。しかし、額の第3の目と呼ばれる、第6チャクラ=脳のツボに的確な方法でオイルを落とすと、シータ波を発生させ、頭蓋骨内に共鳴をおこして脳を揉むことが出来るのです」

シータ波は瞑想の脳波とも言われており、脳をリラックスさせます。すると免疫力が高まり、身体のバランスが整っていくのです。その健康増進効果が今、医学界でも注目されています。

施術中に脳波を測定する実験では、シータ波が優位な状態に導く効果が高いことが立証されています。抗がん剤の副作用の軽減や病後の回復にも高い有効性が現れており、日本でも西洋医療とのコラボが進んでいます。

「特に現代のストレス社会において、脳は身体の中で一番メンテナンスが必要な臓器。そこに効果的にアプローチ出来るのがシロダーラなのです」

  • キング・オブ・アーユルヴェーダダーリストとは?

    シロダーラの『ダーラ』は『垂らす』という意味。そこでシロダーラの施術をする人をダーリスト(商標登録済)と命名。日本シロダーラ協会の「ダーリスト養成講座」を受けて、試験に合格した人だけが名乗ることができます。また、「協会オリジナル・シロダーラキット」を使って施術できるのも、認定されたダーリストだけ。協会では、日本にシロダーラを広めるために、ダーリスト育成に力を入れています。

  • シロダーラを日本中に広める日本シロダーラ協会とは?

    田畑優美子さんがインドネシア・バリ島で出合ったシロダーラの素晴らしさを日本中に広めたいと、2013年に「日本シロダーラ協会」を設立。その後2015年に「一般社団法人 日本シロダータ協会」に。オリジナルの設備やアクアオイルを開発し、特許を取得。この「協会オリジナル・シロダーラキット」を使用したダーリストの育成、アーユルヴェーダの健康法の普及のため、各種スクールを開設しています。

  • あらゆる施術で生きる
    水溶性オイル

    セサミオイルをベースに、血流を促す「朝鮮人参」、毒素を排出する“奇跡の因子”「フルボ酸」、オイルや皮脂の酸化を防ぐ「プラチナ」、頭皮環境を保湿して整える「ヒアルロン酸」などを配合。施術後にシャンプーする必要がなく、軽くお湯と馴染ませてタオルでふき取るだけで、サラサラの髪に仕上がります。水に溶けるので、そのまま排水溝に流してもOK。他にフェイス&ボディ用もあり、クレンジングやマッサージオイルに最適。タオルに油臭が残ることもありません。

  • シロダーラを行う際の問題点を克服!

    こんなに素晴らしいシロダーラですが、施術を行うためには、いろいろな問題点がありました。

    まず施術には専用の道具や、オイルまみれになった髪を洗う施設が必要でした。オイルを大量に使うためコストもかかり、なにより正しく行わないと、逆に身体に悪影響を与えることも。

「決して手軽に出来るメニューではありません。でも、どうしてもこの素晴らしさを、もっと日本に普及させたかったのです」

その熱い想いから、試行錯誤の末に、専用の道具とオイルを開発。道具は保管や持ち運びが容易な、コンパクトなものに。オイルは施術後、髪がベタベタになることを避けるため、水溶性にこだわりました。どれもオリジナルで、特許を取得しています。

「実は、本場インドなどではシロダーラで垂らすものはセサミオイルと決まっていません。医師が患者の症状を問診したうえで、オイルの他にホエー、ヤギ乳、お茶などに薬効成分を調合しています。特にストレス(病状)が大きい人にはとろみの強いオイルは負担が大きいので、あえて軽いものを選びます。日本人はストレスフルな環境にいるので、軽いオイルが必須。水溶性でどんな方にも負担なく、安心して受けて頂けるものを何度も試作を繰り返して完成させました」

水溶性なので、施術後に少量の水を馴染ませて乾かすだけで、サラサラな髪に戻ります。よって、シャワーなどの設備が必要ありません。

ダーリストを育成して、シロダーラの普及に尽力

「シロダーラの素晴らしさをみなさんに知ってもらうためには、それを施術するセラピストが必要です。シロダーラの〝ダーラ〟は〝垂らす〟という意味。そこで、私は専門のセラピストを〝ダーリスト〟と名付けました。この先、ダーリストという言葉がセラピストやピアニストのような一般名詞になるほど、普及させたいと考えています。身体の調子が悪いと感じたら、シロダーラが第一選択肢になるような世の中にしたいのです」

それを実現するために、日本シロダーラ協会ではダーリストの育成に力を入れています。シロダーラは効果が高い反面、正しい知識と、適切な施術をしないと逆効果にもなり得るため、ダーリストになるための厳しい基準を設けています。

講座は、アーユルヴェーダによる自分や家族のケア方法を学ぶ「ライフ講座」から、本格的な「ダーリスト育成」、「インストラクター育成」まで、段階を経て学ぶことができます。無理なくしっかりと、知識と技術が身に付く内容に。

シロダーラは単独メニューとしても、他の施術と組み合わせることも出来るため、他サロンとの差別化にも大いに役立つはずです。

資格取得でシロダーラを取り入れる・広めるダーリストとしての活動の道筋

シロダーラを学ぶ!ダーリスト養成講座

STEP 1 講座申し込み

まずは資料請求、もしくはシロダーラを体感してみたい人は体験会に参加

STEP 2 受講

講習は6日間。座学と実技で構成され、理論と技術をじっくり学ぶことができます。受講後はキットが届くので、自主練習を!

STEP 3 認定試験

知識と技術がしっかり身についているか、試験を受けます。これに合格して、はじめてダーリストになれます。


興味を持ち、導入を考えている人は、体験会に参加して実際にどんなものかを体感するのがおすすめ。講座では理論と実技を6日間で習得。その後、認定試験に合格する必要があります。受講後にもスキルアップのセミナーが充実しているので、セラピストの経験のない人でも、ダーリストとして活躍できるようフォローアップしてくれます。

ダーリストを育てる!シロダーラインストラクター

ダーリストの資格を取り、施術経験を積んだ人が対象。研修→技術チェック→適正テストに合格すると、シロダーラやクリシュナケア(ヘッドマッサージ)を指導できる資格がとれます。シロダーラを全国に広めたい、教えることが好き、自身でスクールを開きたい人におすすめ。

アーユルヴェーダを広める!ライフ講座インストラクター

協会ではアーユルヴェーダの基礎知識やセルフケアの方法などが学べる「ライフ講座」も開講。この講座の指導が出来るインストラクターを育成するコースです。「ライフ講座」にはプライマリー、ベーシック、アドバンスの3段階があり、それぞれ段階的に資格を取得することができます。

  • 「ライフ講座」とは?

    5000年の歴史を誇るアーユルヴェーダの、美と健康を保つ知恵を学ぶ講座。基礎知識から、ケア方法、美と健康に役立つクラフトなどを楽しみながら学べる、お稽古感覚のレッスン。セルフケアや家族の健康を守りたい、将来的にアーユルヴェーダを伝えるインストラクターになりたい人におすすめです。

身につく技術は? 活躍の場は?資格を取得し、広がる可能性!

この資格がどのように役立つのか? 実際にダーリストとして活躍している人、
新たな可能性に挑戦している人などに、生の声を伺いました。

ダーリストへの転身物語

  • 顧客への施術とスクールも開催今泉貴咲子さん『K’s eye Venus』主宰

    「シロダーラとの出合いは、ある展示会で『シャンプーのいらないヘッドスパ』というキャッチフレーズと、その会場にいた代表の田畑先生の真摯で優しい物腰に、興味を持ったことがキッカケです。当時、美容関係の仕事をしていましたが、新たな挑戦と思って別日に体験後、すぐに『ダーリスト養成講座』の受講を決意。現在は自宅でのシークレットサロンと、設備がコンパクトで持ち運びが容易なので子どもからお年寄りまでの顧客に出張施術もしています。月1でシロダーラスクールも開催。メディアへの出演も多く、忙しく充実した日々を過ごしています」

  • 海が見えるシロダーラサロン七海みちさん『デトックスサロン・ワン』主宰

    「ストレスフルだったOL時代に、旅行で訪れたバリ島で受けた、シロダーラの気持ち良さが忘れられずにいました。OLからセラピストに転身・独立し、海が見える湘南の部屋でサロンをオープンしたのですが、シャワーなどの設備面の都合で当初はシロダーラを取り入れていませんでした。そんな開業直後、ある展示会で協会代表の田畑さんに出会い、即日受講を決意。決め手は施術後のシャンプーが不要という手軽さです。いろいろな不調を抱える人に施術をしてきましたが、その高い効果に驚くばかり。やりがいのある仕事にとても満足しています」

飲食業から新たな世界に転身!佐藤淳一さん

  • 「長年、飲食業に携わってきて、蓄積された疲労から、身体を壊してしまいました。5年ほど前にシロダーラを受けたことがあり、これなら接客のスキルを生かしながら、新しいことに挑戦できると思い、転職を決意。美容師免許を持つ妻と二人で受講しました。資格を取得することができたので、シロダーラとクリシュナの専門サロンを始める予定です」

  • 卒業後のフォローも充実!

    資格取得後もスキルアップの講座を随時行っています。合同やマンツーマン(要予約)での練習会、年2~3回代表の田畑氏によるフォローアップ研修、不定期の海外研修なども。セラピスト経験がない人、技術に不安を持つ人でも、実際の施術で活きる知識と技術力を身に付けることができます。

一般社団法人 日本シロダーラ協会

〒630-0113
奈良県生駒市鹿ノ台南2-3-2-104 TEL0743-86-4726(本社) 
〒108-0073
東京都港区三田3-1-21-1103(東京オフィス)
http://www.j-shirodara.com/

-