今、注目のセラピストたち! 2019年10月号

セラピスト最新号に登場しているセラピストやエステティシャン、講師やコンサルタントなど、今、注目の人たちを紹介しています。

東山早智子 ひがしやまさちこ

「Flower&Herb Broom香房」主宰。JAMHA認定ハーバルセラピスト、メディカルハーブコーディネーター。東京都多摩市立グリーンライブセンターハーブ研究科卒。社団法人日本家庭園芸普及協会公認グリーンアドバイザー。各種イベントや作品展示会でリースや寄せ植え等の作品を発表すると同時に、花とハーブの教室やワークショップの開催もスタート。ハーブの仕事を始めて26年になる。

小幡恭稔 おばたやすとし

大多喜ハーブガーデンに入社8年目。ガーデン部部長をつとめ、園内のハーブレストラン、ショップすべてに精通、指揮をとっている。ハーブの仕事をするようになってから独学で学んだハーブの魅力を聞きながら園内をまわるガーデンツアーも人気。実生活でもハーブのコーディアルやバジルペーストづくりを楽しむという。チャーミングな笑顔で来園者に親しまれ、愛称は「ハーブ男子」

すぎもとかよ

英国IFAアロマセラピスト。「アロマまどぅゆ〜る」主宰。親子三代に親しまれるアロマ活動を行う。最近、介護に携わるクライアントの心身の休息・健康に関わる機会が増えている。

工藤千秋 くどうちあき

英国バーミンガム大学、労働福祉事業団東京労災病院脳神経外科などで脳神経外科を学ぶ。東京労災病院脳神経外科副部長を経て、2001年に東京都大田区に「くどうちあき脳神経外科クリニック」を開設。脳神経外科のほか、認知症治療と心のケアなどが専門。日本アロマセラピー学会理事長でもある。

吉永美和 よしながみわ

日本園芸療法普及協会東京支部協会認定インストラクター。日本家庭園芸普及協会認定 グリーンアドバイザー。老人福祉施設などで園芸療法のセッションを行いながら、普及にも努めている。

西村真理子 にしむらまりこ

AEAJ総合資格認定校「アロマテラピースクール TENアロマアソシエーション」主宰。1993年に教室を設立。高齢者のためのアロマケア普及に努める。病院や高齢者施設などでの施術は、述べ3万人以上に達する。

高橋洋子 たかはしようこ

内閣府所管(一財)生涯学習開発財団認定マスターアートセラピスト。株式会社クエスト総合研究所ディレクター。高齢者施設やデイケアサービスで、認知症向けのアートセラピーなどを行っている。

栗田京子 くりたきょうこ

音楽学校卒業後、フルート奏者として活動していたが、家族の大病がきっかけで音楽療法の道へ。「OTA音楽療法研究会」主宰。日本音楽療法学会認定音楽療法士。認知症ケア、知的障害者やうつ病患者などへの音楽療法を行っている。

田中とも江 たなかともえ

「ケアホーム西大井こうほうえん」施設長。看護師歴47年。1986年から高齢患者の治療に伴う身体拘束の廃止に取り組む。2002年に独立し、縛らないケアの普及活動と同時に、これまでタブー視されていた排泄問題に光をあて、オムツに頼らない排泄ケアの啓発活動にも取り組む。モットーは『看護師の前に血の通った人間であれ』。

アネルズあづさ あねるずあづさ

株式会社Blue ink代表取締役。グローバルフォーミュレーター。弘前大学大学院医学研究科(産婦人科)博士課程在籍。2000年に前身となる有限会社アロマティークを設立。産婦人科でのアロマセラピー分娩ケアを推進し、医療従事者や一般向けの講座を行うほか、ハリウッド映画や大企業の専属フォーミュレーターも務める。

藤善博人 ふじよしひろと

文化広報室チーフ、養蜂部顧問。「みつばちおじさん」として自然教室やミツロウ工作教室を行ったり、ミツバチ関連の 執筆などを担当し、はちみつ・ミツバチに関する幅広い見識を持つ。また、養蜂部顧問として、実際に養蜂も行う。

生田智樹 いくたともき

R&D本部学術情報室 室長。みつばち健康科学研究所で養蜂産品の機能性研究を行う。山田養蜂場 みつばち研究助成基金にて、養蜂産品を活用した予防医学研究や環境・養蜂研究に取り組む研究者を支援する運営事務局の責任者も務める。

栗原美也子 くりはらみやこ

アロマ・ハーブスクール「Le Chaton(ル シャトン)」オーナー。ナードアロマテラピー協会認定校として資格取得コースを行うほか、フラワーアレンジの経験を活かしたワークショップも開催。自身のサロンでのスクールのほか、出張講座も行う。

レムケなつこ れむけなつこ

慶應義塾大学経済学部卒。ドイツ法人「IOBオーガニックビジネス研究所」CEO &Founder。ドイツ学術交流会(DAAD)奨学生として、ドイツHohenheim大学大学院農学部オーガニック・フード・チェーン・マネージメント(MSc) 修了。現在、オーガニックの真髄を学べる無料のメールマガジンを配信中。

後藤ゆみ ごとうゆみ

「BIO BEAUTE」主宰。 外資系・日系大手化粧品会社にて11年マーケティングに従事。その後、英国IFA認定アロマセラピストを取得し、オーガニックビジネス研究所にて本場ドイツのオーガニックを学ぶ。

高橋徳 たかはしとく

1977年、神戸大学医学部卒業。 関西の病院で消化器外科を専攻した後、1988年米国に渡る。ミシガン大学助手、デユーク大学教授を経て、2008年にウィスコンシン医科大学教授に。米国時代の主な研究テーマは「鍼灸の作用機序」と「オキシトシンの生理作用」。2016年に名古屋市に統合医療『クリニック徳』をオープン。著書に『人は愛することで幸せになれる 愛のホルモン オキシトシン』(知道出版)などがある。

大月綾子 おおつきあやこ

アロマテラピーやフラワーエッセンス、レイキのセッションとスクールを行う「GRACE」代表で、サロンオーナー、スクール講師。北関東最大のイベント「癒しフェスタ」主催者として栃木県宇都宮市と都内 青山で活動している。同イベントは2018年12月に12回目の開催を迎えた。

飛沢誠一 とびさわせいいち

株式会社誠尚堂代表取締役。高次元レイキのセミナー、セッション、コンサルティング、アロマサロンの運営などを行っている。著書『これからのビジネスエリートは「見えない力」を味方にする すべてを好転させる飛沢式呼吸法』(東洋経済新報社)。

齊藤帆乃花 さいとうほのか

AROMA VISIONオーナーセラピスト。20代前半、重度のアトピーになりアロマに出合う。メディカルアロマ、リフレクソロジー、整体などを習得、三重県でサロン勤務ののち独立。臨死体験をしたことから、スピリチュアルな世界を体感。東京に移り、2014年、現サロンを開業。

武藤悦子 むとうえつこ

『Diva Light』代表、スピリチュアルティーチャー、オーラソーマ英国公認ティーチャー、カラーセラピスト、メディテーションティーチャー、クリスタルヒーラー、レイキマスター、アーユルヴェーダスペシャリスト。『スピリチュアル事典』(主婦の友)など著書多数。

西山緑 にしやまみどり

ソーシャルワーカー、カウンセラー、講師、ファシリテーター。『私を生きるを楽しもう』をテーマに、子育て支援センターから高齢者施設まで、幅広い層に向けて心理教育の講座やワークショップ等開催している。

伊藤早苗 いとうさなえ

エステティシャン、あん摩マッサージ指圧師。東京都町田市の自宅にてエステサロンを経営し、フェイシャル、ボディ、脱毛などのケアを行う。同時にあん摩マッサージ指圧師として、訪問マッサージも行っている。

齋藤智子 さいとうともこ

アロマ調香デザイナー。一般社団法人プラスアロマ協会代表理事。京都で十代続く家に生まれ、伝統的な香り文化に親しむ。一部上場企業勤務を経て、アロマの世界に入り、6,000種類以上のブレンドを制作。調香のプロを育成する傍ら、企業の香りブランディングやメディア掲載も多数。空間演出のブレンドの第一人者。

樋口賢介 ひぐちけんすけ

美容研究家、株式会社HIGUCHIリーディング代表。大手FCサロンの不採算店舗再生に携わった後、2010年同社を設立。アーユルヴェーダを軸に「HIGUCHI式美容メソッド」を確立。予約状況は6カ月待ちという、ヘッドスパのゴッドハンド。

栗原弘美 くりはらひろみ

株式会社ビジョンダイナミックス研究所代表。自身の離婚・再婚経験などを元にした、経験と知識に基づくカウンセリングやセミナーに定評がある。著書に『夫を理想のパートナーに変える7つの講座』(現代書林)、『手放せば転機が訪れる』(パブラボ)、『女子の最強幸福論』(小社刊)など多数。

おのころ心平 おのころしんぺい

セラピストとして25年。ココロとカラダをつないで自然治癒力を発動させるというカウンセリングを述べ2万5千件以上。その経験をもとに一般社団法人自然治癒力学校を開講し、ココロとカラダの関係やセルフケアの方法、現代医療にかかる際のコーディネートの在り方などを伝える。『病気は才能』など著書多数。ブログアクセスは月間50万以上。

佐藤青児 さとうせいじ

歯科医師、「さとう式リンパケア」考案者、一般社団法人 国際ウェルネス協会代表理事。愛知学院大学歯学部卒業、同大学歯科口腔外科専攻生、歯科麻酔科助教などを経てクリニックを開業。著書に『揉まない 押さない 引っ張らない 肩こりは10秒で治る』(祥伝社)、『アゴをゆるめると健康になる! 肩こり、腰痛、疲れも吹き飛ぶ間質リンパの整え方』(KADOKAWA)など多数。

嶋えりか しまえりか

中小企業診断士。経営コンサルタント。合同会社Sheep代表。ビューティサロンのコンサルティング、リサーチ件数はのべ1,500件以上。年間300件超の個別経営相談のほか、セミナー講師として全国各地で活動中。関西大学社会人学び直し大学院プログラム講師、大阪府よろず支援拠点(経済産業省近畿経済局委託事業)コーディネーター。

香山リカ かやまりか

精神科医、立教大学現代心理学部教授。1960年、北海道生まれ。東京医科大学卒業。精神科医として病院での診察に携わるかたわら、豊富な臨床経験を活かし、幅広いジャンルで評論、執筆活動を展開している。著書多数。近著に『「発達障害」と言いたがる人たち』(SB新書)など。音声アプリ・ヒマラヤで『香山リカのココロのほぐし方』配信中(http://m.himalaya.fm/album/194530/2/jp)。

黒須明美 くろすあけみ

千葉県市川市でプライベートサロン「ボディ ハーモニー フォレスト」を主宰。元ダンサーの経験を生かし、骨格や解剖学といった独自の身体へのアプローチで人気。サロンでのセッションだけでなく、解剖学講座なども開催している。

川西加恵 かわにしかえ

日本ハーブソムリエ協会理事長、日本アロマコーディネーター協会認定インストラクター、日本エステティック協会認定エステティシャンなど。講師のほかに、医療現場、中学校、高校での講演、執筆活動など多岐に活躍。

佐々木薫 ささきかおる

AEAJ認定アロマテラピー・プロフェッショナル。生活の木Herbal Life College主任講師。株式会社生活の木カルチャー事業部ゼネラルマネジャー。精油、ハーブの文化、歴史を探ることをライフワークとし、世界数十カ国を訪ね、レポートを続ける。テレビ、マスコミを通じハーブ・アロマテラピーの魅力の普及に努める。

木村正典 きむらまさのり

北海道安平町出身。(株)グリーン・ワイズ。日本メディカルハーブ協会理事。博士(農学)。専門は人間・植物関係学、都市園芸学、野菜・ハーブなど。自然とつながる都市型菜園技術や、園芸による豊かな暮らしと社会づくりに取り組む。著書に『有機栽培もOK!プランター菜園のすべて』(NHK出版)など。

Walter Britz わるたーぶりっつ

国際ヒルデガルト協会副会長ダニエラ・デュマンに師事。慶応義塾大学文学部社会学科卒業。日本で17年間過ごし、現在はベルリン在住。ヒルデガルト・フォン・ビンゲン通信講座を日本語で開講。「ヒルデの庭」代表。
  • セラピスト2019年10月号

    2019年10月号の第1特集は、「アロマ、音楽療法、園芸療法、ユマニチュード ― セラピストのための『認知症ケア』の教科書」。第2特集は、「感情、エネルギー体、魂。目には見えない領域を深く癒す『スピリチュアル療法』だからできること」です。詳細はこちら