今、注目のセラピストたち! 2021年8月号

セラピスト最新号に登場しているセラピストやエステティシャン、講師やコンサルタントなど、今、注目の人たちを紹介しています。

Yuki ゆき

一般社団法人内臓マッサージ協会代表理事。「たまよろ庵」主宰。体調不良で病院に行くも、医師にさじを投げられ、「自分の不調は自分で治す」ことを決意。インド、タイなどで修行を積み、チェンマイでチネイザンに出合う。その後、自分自身で感情と内臓を癒すセルフチネイザンを開発、普及に努めている。DVD『タオの伝統医療 チネイザン入門』(小社刊)を指導・監修。

古山順子 こやまじゅんこ

アロマサロン&スクールlahella代表。日本産精油ブランドかおりとーkaoritoープロデューサー。 日本産精油について学ぶ「ひのもとアロマ講座」も開講している。

鳥居伸一郎 とりいしんいちろう

医師。医療法人社団 湘南太陽会 理事長。1975年聖光学院卒業。1981年東京慈恵会医科大学卒業。1992年鳥居泌尿器科・内科開業。その後、横浜市内に4つのクリニックを開業。2014年統合医療研究所「T-LAB.」設立し、アロマセラピーを中心とした統合医療を研究。日本アロマセラピー学会認定医。

烏山ますみ からすやまますみ

aroma&esthetic ICHIKA.代表。大学で心理学を専攻し、卒業後も精神科医の大学教授の助手を行いながら「月経とストレスの関係」の研究を継続。女性の心と身体、両面からのサポートを目指し、幅広く活動。女性ホルモンの理解を広めるべく、(一社)女性ホルモンバランスプランナー協会を設立。著書に『女性ホルモンの教科書』(小社刊)。

福場美知留 ふくばみちる

一般社団法人アロマ・リンパセラピスト協会会長。臨床検査技師、2級血液検査師、上級健康食品管理士、AEAインターナショナルエステティシャン、AEA認定講師、シデスコアロマセラピスト、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター、AEAJ認定アロマテラピスト、整体身体調和法など多数の資格保有。「アロマテラピーとリンパケアでイキイキ元気」の演題で、多くの企業で講演を行う。

酒井梨乃 さかいりの

トータルビューティーサロン勤務後、リンパドレナージュの先生の下で手技を磨き、東京目黒駅前にプライベートサロン『Re style』をオープン。(社)アロマ・リンパセラピスト協会設立の際には、全ての技術マニュアル作成に携わる。出産を機にサロンをクローズし、出張での施術やセラピストの教育・育成など研修講師を続け、2019年1月地元である東急田園都市線たまプラーザ駅前に『Re style』を再びオープン。

田畑優美子 たばたゆみ

一般社団法人日本シロダーラ協会代表理事。オリーブセラピストスクール代表。2002年にエステティックサロンオリーブをオープン。2007年にインドネシア政府アーユルヴェーダライセンス取得。2013年日本シロダーラ協会を設立して、シロダーラの普及に尽力する。

和真音 かずしおん

シンギング・リン開発者・演奏家、⼼理カウンセラー。静岡⼤学⼤学院、上智⼤学カウンセリング研究所卒業、教育学修⼠。在学中より、臨床⼼理⼠、カウンセラーとして活躍。その後、ニューヨークで9・11を体験。衰弱してしまった⼼⾝を救う⾳⾊を求め、2004年に約2年かけて⽇本の伝統⼯芸技術を駆使した⾳響楽器シンギング・リンを開発。新しい⾳響療法の世界を確⽴し、セラピストを輩出・育成すると同時に、国内外での普及と社会活動に尽⼒している。CD『聖なる鈴響』『⾳神話』『Singing Ring Meditation』他、2015年3⽉、『全倍⾳セラピーCDブック』(BABジャパン)を出版。

海野まさき うんのまさき

「NPO法人自然工房めばえ」理事長、園芸療法実践活動家。介護施設にて、園芸療法のレクリエーションサービスの提供。練馬区高松のまちづくりとして「人と自然」、「人と地域」、「人と人」をつなぐ活動を行う。園芸療法のみならず、地域と人をつなぐ活動家として、学生、高齢者、障害者など垣根のない交流を行う。

若井あつこ わかいあつこ

「ホームサロン ビオラ」オーナー。栄養士の資格を生かし食品メーカーに20年勤務。息子の原因不明のじんましんや自身の冷え性が「黄土よもぎ蒸し」で緩和されたことに感動し、セラピストの道へ。長年勤めた会社を退職し、2017年にサロンをオープン。黄土漢方アドバイザー、薬膳・漢方検定、手話技能検定1級。

西川眞知子 にしかわまちこ

アーユルヴェーダ自然療法家。自身の幼少時の病弱体験を自然療法で改善したことを踏まえ、すべての人が幸せな人生を生きてほしいという思いで今、目の前にあることを自らの選ぶ力を高める自立した健康美容法を提案。インドのアーユルヴェーダを日本の伝統的な食事や暮らし方、さらにはアジア諸国の植物療法や運動療法などの自然療法や心理療法を和の精神でつなげ「日本人に役立つ日本人によるアーユルヴェ-ダ」を構築、指導している。

ギル佳津江 ぎるかづえ

アロマセラピー、リンパドレナージなどのスキルを統合させ、ホリスティックなアプローチを行う。JEA校長、MLDトレーニングセンター所長。英国IFPA理事、DVAI認定リンパ浮腫療法士/同認定講師。

友田優子 ともだゆうこ

ソフィアフィトセラピーカレッジ専属講師、(一社)日本フィトセラピー協会認定フィトセラピーインストラクター、(一社)日本フィトセラピー協会・(一社)日本ハンドケア協会認定日本ハンドケア協会認定ハンドケアインストラクター。

橋本由佳 はしもとゆか

ナード・アロマテラピー協会認定校・gattoアロマテラピースクール主宰。1997年ハーバードハウスにてアロマテラピー全科と講師課程修了。スクールだけでなく、各種起業講習会、地方自治体、PTAなどで数多くの講座を担当。アロマのほか、手作りのお香にも造詣が深く、お香の各種講座も行う。

相原由花 あいはらゆか

ホリスティックケアプロフェッショナルスクール学院長。英国ITEC認定アロマセラピスト。看護師・看護学博士。日本アロマセラピー学会理事。著書『香りとタッチングで患者を癒す 臨床アロマセラピストになる』(小社刊)他。

太田奈月 おおたなつき

天然100%の精油を使用したアロマパルファンメソッド創設者。(一社)日本アロマパルファンヌ協会理事。香水大国中東と交流を持ち、ドバイ香水博物館にも香水展示内定。調香師。著書『香りの精油事典』(小社刊)。

アネルズあづさ あねるずあづさ

株式会社Blue ink代表取締役。グローバルオーガニックフォーミュレーター。弘前大学大学院医学研究科(産婦人科)博士課程在籍。著書に『誰も教えてくれなかった精油のブレンド学』(小社刊)などがある。

丸尾ゆかり まるおゆかり

漢方アロマセラピストカレッジ校長、エステサロンを25年経営。“結果の出せる”施術を求め、2008年に漢方アロマに出合う。以降、漢方アロマをアロマセラピストやエステティシャンに教え『結果の出る施術』のサポートを実践中。

鳥塚ルミ子 とりつかるみこ

一般社団法人 国際オーガニックセラピー協会代表理事。オーガニックセラピスト。国内最大級のオーガニックセラピー教育機関として、病気にならない心と身体を育む予防医学の普及と育成に努める

すとうえり すとうえり

ペットアロマウェルビーイング協会(PAW)代表。バリを拠点に「Five elements AromaBali」を主宰し、素材や工程にこだわったアロマ商品のプロデュースに取り組む。帰国時には、PAWのセミナーや中央動物専門学校などの教育機関にて“動物のためのアロマセラピー”の講師を務める。

吉田節子  よしだせつこ

あわせ代表・薬剤師・心理相談員。日本アロマ環境協会認定アロマセラピスト。日本メディカルハーブ協会ハーバルプラクティショナー。幼少より薬用植物に多大な関心を持ち、ハーブの心と身体両面への作用を模索し、エネルギー面を含めての薬用植物の新たな可能性を発信し続けている。著書に『スピリチュアル・アロマテラピー入門』、『アロマテラピー検定試験に一回で合格するための問題集』(小社刊)など。

谷口晋一 たにぐちしんいち

「セラピストの学校」校長。経営していたサロン7店舗を売却し、2004年セラピスト支援事業「セラポート」設立。2011年セラピストの学校設立。全国で個人セラピスト向けのオープンキャンパスを主宰し、スクール運営ゼミナール、コンサルティングなどを通して業界を牽引している。

関口智子 せきぐちともこ

大手リラクゼーションスクールにてスタッフ育成インストラクターとして勤務後、癒しの自宅サロン「Natural Happy」のセラピストとして独立。『受ける禅』として、「ジャパニーズオイルセラピーAtsu」を開発。現在まで述べ4,000人のセラピストを育成した。「小さなサロン普及協会」主宰。

宮本江美 みやもとえみ

「Le Lien(ルリアン)」のオーナーセラピスト。身内の病気の経験から「心と身体の繋がり」の重要性を実感する。また「触れる事」「身体の土台は足」を大切にし、ジャパニーズオイルセラピーAtsu®︎とシューズセラピーを中心としたパーソナルセラピストとして活動。「触れる」をテーマに介護施設でのミニ講座も開催。カラーセラピー・チャクラとアロマヒーリングも学び、あらゆる角度からもお客様に寄り添えるようなバランスケアサロンを目指している。

奥村修子 おくむらしゅうこ

長野県にて女性ホルモンサポートサロンパルムレ主宰。トータル女性ホルモンバランスプランナー、ジャパニーズオイルセラピーAtsu®認定プロフェッショナルセラピストとして、女性の心と身体のお悩みに寄り添いサポートしている。JAMHA認定ハーバルセラピスト、日本メディカルアロマテラピー協会認定アドバイザー。

澤木知恵子 さわきちえこ

埼玉県川口市で足ふみリンパマッサージサロン【アベンチェ】を主宰。フーレセラピーをメインに、お客様の健康美を叶える活動を始め、今年10年を迎える。自身の腰痛・肩こりの治療がきっかけで2か月間の寝たきり生活を送った経験から「治療が必要になるまで不調を放置してはいけない」との想いを強く持ち活動している。

松崎容子 まつざきようこ

長野県駒ヶ根市「Mother’s Organic(マザーズオーガニック)」のオーナーセラピスト。オーガニックショップ主宰。ジャパニーズオイルセラピーAtsu®️プロフェッショナルセラピスト。ジャパニーズオイルセラピーAtsu式ホットストーン認定セラピスト。自然のゆらぎ・体・心の3つの調和(ハーモニー)を目指して、一人一人に合わせたオーダーメイド施術に定評がある。公益社団法人日本アロマ環境協会の認定教室として認定講座を開講する他「オーガニックをベーシックに生活に取り入れる」をテーマにしたワークショップも多数開催。

登石麻恭子 といしあきこ

西洋占星術研究家。英国IFA認定アロマセラピスト。AEAJ認定アロマテラピーインストラクター。早稲田大学卒。ホリスティックなツールとしての西洋占星術と、アロマテラピー・ハーブ・フラワーエッセンスといった植物療法や パワーストーンなどを組み合わせたセラピー占星術を実践。都内にてセッション・講座を開催中。主な著書に、『スピリチュアルアロマテラピー事典』『366日の誕生日パワーストーン事典』『魔女のアロマテラピー』『魔女の手作り化粧品』がある。

木坂くみ子 きさかくみこ

aaaroma(トリプルアロマ)主宰。薬剤師としての知識・経験を活かして、メディカルハーブとメディカルアロマを学べるアトリエを主宰。小学校3年生と幼稚園生の2人の子どものママ。「aaaroma(トリプルアロマ)という名前には、上質なハーブと精油を扱う、正しい知識を伝えるための最上級の「AAA(トリプルエー)」の意味が込められている。ハーブやアロマのある心地よい暮らしをお伝えするYouTubeチャンネル「ハーブとアロマの暮らしの動画」を配信中。

上原健志 うえはらたけし

「マジックハンズ・セラピストアカデミー」代表。使える解剖学をセラピスト向けに分かりやすく指導。ITEC国際ライセンス(解剖生理学)、柔道整復師、NSCA認定パーソナルトレーナー、介護支援専門員(ケアマネージャー)、CIBTAC国際ライセンス(解剖生理学)、DVD『映像で学ぶ【動きの解剖学】』上下巻、『筋肉触診バイブル』上下巻(いずれも小社刊)。

山下聖子 やましたしょうこ

インテスタージュ®セラピスト(腸セラピスト)。静岡県浜松市で「腸セラピーサロンMei&S」を運営する傍ら、東京・御徒町でも施術を行っている。元々は囲碁インスタラクターで、自らの不調が改善したことをきっかけにセラピストに。コロナ禍の2020年4月の開業にも関わらず、すでに多くのリピーターを獲得している。

山﨑絢子 やまざきあやこ

南アフリカDougans International認定セラピューティック・リフレクソロジスト。一対一のセッションの可能性に興味をもち、クラシック音楽業界から手技療法の道へ。資格取得と同時に東京・雑司が谷にて自宅施術室「十音Tone」を開業。日々のセッション以外でも「コト」を扱うイベントやオンライン企画を主宰する。

津川典子 つがわのりこ

AEA認定インターナショナルエステティシャン/腸セラピスト/漢方・薬膳セラピスト等の資格を保有し、エステティシャン歴は23年とベテランです。フィットネスクラブや大手エステティックサロンで勤務したのち、自由が丘クリニックで勤務して5年。ボディーのメニューを得意とし、お客様の気持ちに寄り添った施術と明るいキャラクターで指名のお客様で予約が埋まってしまうほど人気。

山口創 やまぐちはじめ

早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程修了。桜美林大学リベラルアーツ学群教授。臨床発達心理士。子どもの発達過程における身体接触の影響や、タッチケアによる心身への効果などの研究を行っている。著書に『手の治癒力』(草思社)、『子供の「脳」は肌にある』(光文社)、『皮膚はいつもあなたを守ってる』(草思社)など。

國分利江子 こくぶんりえこ

BMS Therapy Office主宰、BMS Massage Therapy School校長、NY州政府認定マッサージ・セラピスト。「心とからだの繋がり」に興味を持ち、1998年、ホリスティック医学に基づくマッサージセラピーを学ぶために、「マッサージセラピー界のハーバード大学」と称される米Swedish Institute に、2001年に入学。2006年に東京・代官山にサロンをオープン。

重松浩子 しげまつひろこ

Jスタイルアロマ研究所代表。英国ITEC認定アロマセラピスト。 日本でアロマテラピーが広く知られる前からアロマを学び実践している。「日本人に合うアロマ」を研究し、産地と消費者をつなぐ「日本の精油」の普及に力を注いでいる。

川上えり かわかみえり

管理栄養士。福岡女子短期大学を卒業後、介護施設や予防医学クリニックに務める傍らアスリートの栄養アドバイスを行う。独立し芸能人のボディメイクやトップアスリートの栄養サポート、子共から大人の食育など「食の自立」をテーマに活動中。

藤原綾子 ふじわらあやこ

株式会社ソルシェール代表取締役。アロマセラピーサロン&スクールVert Merオーナー。魔女のアロマセラピー研究所所長。2006年株式会社リクルートを退職後、アロマセラピーサロンを開業。2011年東日本大地震をきっかけに、アロマセラピーの重要性を痛感し、アロマセラピストの地位と技術、知識の向上を目的とする「魔女のアロマセラピー研究所(魔女ラボ)」を2012年に設立。

松本くら まつもとくら

1958年横浜生まれ。ボディワーカー・ヨガティーチャ―。東京大学文学部卒業後、からだとこころのバランスに関心を持ち、日本及びインドでヨガを学ぶ。その後、エサレンボディワーク、クラニオセイクラル、機能解剖学などの各種ボディワークから[健やかなからだ]へのアプローチを学び、現在それらの個人セッション、ヨガ教室、オンライン講座(TOKYO YOGA主催)等を展開。著書に[プレヨガで「あなたのヨガ」をはじめよう][休息のレシピ](小社刊)[肩コリ解消六十四通り](ブルーロータスパブリッシング)、監修書に[ヨガボディ][クラニオセイクラルセラピー](ガイアブックス)がある。

贄川治樹 にえかわはるき

国連NGO The World Council For Psychotherapy(WCP)公認心理療法家、ヨーロッパ身体心理療法協会(EABP)公認身体心理療法家、EABP公認スクールBIPSディレクター、Biosynthesis公認心理療法家、リズムセラピー研究所所長、セロトニンDojo師範、越後奥寂庵庵主。

識名由美 しきなゆみ

株式会社ASファクトリー代表取締役。2008年に「アクアリウム」を取り入れた「リラクゼーションエステYou海」をオープン。沖縄で2店舗経営。「月桃精油」や美容泥の「クチャ」「ウミウサギガイ」を使用した沖縄ならではの特徴を取り入れた独自のエステティック・ノウハウを構築。第6回エステティッグランプリフェイシャル技術部門グランプリ。第10回顧客満足度部門全国1位を獲得。2019年・2020年ミスユニバースジャパン沖縄大会のBCセミナー講師、審査員を務め、外部講演活動やTV・ラジオなどにも多数出演。2018年より沖縄県エステティック・スパ協同組合代表理事も務める。

川西加恵 かわにしかえ

日本ハーブソムリエ協会理事長、日本アロマコーディネーター協会認定インストラクター、日本エステティック協会認定エステティシャンなど。講師のほかに、医療現場、中学校、高校での講演、執筆活動など多岐に活躍。

雲瑶 うんよう

中医師、刮痧国際協会会長、中医鍼灸師、中国国際推拿按摩師。漢方養生サロン主宰(札幌・東京)。(一社)漢方アロマセラピー国際協会を設立し、漢方オイル、中医学、伝統療法の普及に努める傍ら、四季薬膳発酵食講座、動物かっさ講座など幅広く活躍中。
  • セラピスト2021年8月号

    2021年8月号の第1特集は、「免疫力を上げる!更年期、不調をサポート! 女性のための『ホルモンケア』の教科書」。第2特集は、「これだけは知っておきたい! アロマとハーブ50の常識」です。詳細はこちら