EXPO来場者必見!

MENU

HOME > 「バッチフラワーレメディ」「アーユルヴェーダ」「オルゴール療法」の各種セミナーを開催!

「バッチフラワーレメディ」「アーユルヴェーダ」「オルゴール療法」の各種セミナーを開催!

3回目を迎える「EXPO」は、今回より「Therapy World Tokyo」の名の下、様々なセラピーに触れる機会を設けている。二日間に渡り開催するセミナーも同様で、本日は、自分にピッタリのレメディを見つけることができる、「バッチフラワーレメディ」のセミナー(講師:林サオダ先生)と、クライアントや職場の人たちとのコミュニケーションの力を上げてくれる「アーユルヴェーダ」のセミナー(講師:西川眞知子先生)、そして脳に効かせる「オルゴール療法」の体験セミナー(講師:佐伯吉捷先生)を行う講師陣を紹介する。

林サオダ(はやしさおだ)先生

1992年にバッチフラワーレメディに出合い、英国バッチセンターのコースを卒業してBFRP(バッチセンター登録プラクティショナー)に。1997年から日本でのBIEP(バッチ国際教育プログラム)に関わる。同プログラムコーディネータ―・認定講師。一般社団法人バッチホリスティック研究会代表理事。NPO法人日本ホリスティック医学協会理事。訳書・共著に『がんのセルフヒーリング』『バッチの花療法』『バッチフラワーレメディワークブック』『バッチフラワーの癒し』『アロマ・ハーブ・バッチ』など多数。

西川眞知子(にしかわまちこ)先生

幼少時より自然療法や心理的な世界に興味を示す中、大学時代は世界のセラピーと出合う機会を多く持ち、その中でヨガやアーユルヴェーダに特に感銘を受ける。アーユルヴェーダを、より日本の生活様式や日本人気質に取り入れやすくする研究と実践に取り組む。アーユルヴェーダの教育システムの走りである東洋伝承医学研究所設立に尽力し、現在も健康美容界のコンサルタントとして数多くの企業に関わり、講演や講座、執筆などに携わる。上智大学外国語学部を経て佛教大学卒業。姿勢均整保健士。著書は『アーユルヴェーダ人間学』(BABジャパン)をはじめ40冊以上。

佐伯吉捷(さえきよしかつ)先生

日本オルゴール療法研究所所長、国際ひびき生命科学研究センター代表理事、国際ひびき生命科学学会理事。日本で初めてスイスオルゴールを紹介。本場スイスのオルゴールの美しさを日本に伝える。後に高低周波音楽が脳に与える効果を知り、研究実績を重ね、オルゴール療法を提唱。研究所での実践を重ねている。著書に『オルゴール療法入門』(幻冬舎ルネッサンス)などがある。

セミナーの申し込みは、10月1日スタートです。
入場料が無料になる、入場事前登録は、コチラから

「発見! アロマ&ハーブEXPO公式LINEアカウント」では最新情報を随時配信!

友だち追加