EXPO来場者必見!

MENU

HOME > 垣根を超えて、集い、交流が生まれた2日間。「発見!アロマ&ハーブEXPO 2021」

垣根を超えて、集い、交流が生まれた2日間。「発見!アロマ&ハーブEXPO 2021」

3回目の開催となった「発見!アロマ&ハーブEXPO 2021(12月17日・18日)には、全国から大勢のセラピスト・ヒーラー・エステティシャン・整体師、そして自然療法愛好家が来場、雑誌「セラピスト」創刊20周年記念イヤーの最後を飾るイベントだった。

第1回の「EXPO」を開催したのが、3年前の2018年12月。
この時は雑誌「セラピスト」の創刊100号記念イベントとして、東京・千代田区の3331アーツ千代田で開催した。

続く第2回の開催は、2020年4月に予定していたが、最初の緊急事態宣言下ということもあり、8カ月の延期を余儀なくされ、昨年12月に東京都立産業貿易センター台東館で開催することに。

そして今回の第3回を経て、来年2022年12月には、場所も新たに東京都立産業貿易センター浜松町館にて、4回目の開催を予定している(12月16日、17日開催)。

先週の第3回EXPO会場には、本誌に登場しているセラピストや講師の方々が、セミナーや講演のために50人以上集まった。

日本には、アロマやハーブをはじめ、数多くの団体や協会が存在するが、その垣根を超えて集い交流する機会は、EXPOならではの光景だろう。

昨年来のオンラインが定着した今だからこそ、対面で話をすることができる、とても貴重な場だった。

 

「発見! アロマ&ハーブEXPO公式LINEアカウント」では最新情報を随時配信!

友だち追加