run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...

セラピーライフTOP > 特集 > セラピスト2月号 第2特集 「手技のコツ、施術のツボ。」ウェブ連動記事

特集

セラピスト2月号 第2特集 「手技のコツ、施術のツボ。」ウェブ連動記事



「頭」が疲れている人が増えています。目の使い過ぎ、頭の使い過ぎで、頭皮がガチガチ。ヘッドマッサージをセラピーの一部に取り入れているセラピストも多いことでしょう。2018年2月号の「手技のコツ、施術のツボ。」特集のウェブ連動記事では、エステティックからリメディアルまで、多種多様な技を持つエステティシャンの甲原稚菜さんが、サロンで使えるヘッドマッサージのコツを解説。「髪がジャマしてうまくできない!」というセラピストに向けて、効果的なテクニックを紹介します。

取材・文◎山村浩子




【解説】頭が凝るのは、頭部の筋肉が"ひとつながり"になっているから!

 ヘッドマッサージをする前に、まず頭が凝る仕組みについて学んでいきましょう。
 頭部にはさまざまな筋肉がありますが、主には、①「前頭筋」、②「側頭筋」、③「後頭筋」の3つの筋肉があり、頭骸骨を包む「帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)」によってつながっています。
 まばたきや目を見開くときは、おでこから頭頂部にかけて伸びる「前頭筋」を使います。何かに集中したり、精神的ストレスをがまんしたり、スポーツなどで奥歯をくいしばるときには、頭の側面にある「側頭筋」が働きます。そして「後頭筋」には頭を支える役割があります。20kgもある頭を前に傾けるときに、「後頭筋」が頭を支えるのです。これらの筋肉の緊張が続くと、連動する「帽状腱膜」は、ガチガチに固くなってしまいます。つまり、前かがみの姿勢で集中して、長時間に渡るパソコンやスマホの操作をしたり、精神的なストレスを受け続ける人の頭は、とても疲れを溜めています。まさに現代人の生活は、頭部が疲労困憊していると言っても過言ではありません。
 ヘッドマッサージを丁寧に行い、頭部をゆるめることで、深くリラックスでき、血行が良くなり、疲れも取り除かれます。眼の疲れや肩凝り、頭痛、不眠がやわらぎ、肌や髪が美しくなる効果も期待できるでしょう。



※禁忌
高血圧などの循環器系疾患、ムチウチやしびれなどの神経系疾患などを持つ方、熱がある方、ほか重度な疾患を持つ方、手術後の方に対しては、ヘッドマッサージは避けましょう。施術前のカウンセリングで、必ず確認してください。




【実践】側頭筋をゆるめる

側頭筋の働き


 側頭筋は、前述したように、頭の側面、耳を取り囲むようにある筋肉です。ものを噛むときに使う咀嚼筋の1 つで、 下顎を持ち上げたり、下顎を後方に引く動きに関わっています。よって、食事をするときや、何かに集中しているとき、精神的ストレスを受けてこらえているとき、スポーツなどで奥歯をギュッと食いしばっているときに、緊張します。
ふだん自覚症状がなくても、思いのほか、疲れが溜まっているところです。



側頭筋へのアプローチ


 クライアントの頭を右横に倒し、左手の五指で側頭筋をとらえ、圧をかけながら頭皮と筋肉を動かしていきます。 ポイントは、" 熊手" のように指を立てて、耳の上のくぼみに" ひっかける" こと。
 アプローチする場所を頭頂部に向けて少しずつ移動して、側頭筋全体を施術します。右サイドは右手で、同様に行ってください。実際は頭にタオルを巻いて行います。



BADな施術例

施術につい夢中になると、脇を締めて行いがちです。しかしこれでは、力を上手にかけられないばかりか、施術者自身が肩凝りや腱鞘炎になる原因にもなります。

GOODな施術例

施術者は、自分の肩や腕の力を抜いて、脇の間をたまご1個分、軽く開けます。手首の伸展(反らせる動き)は約70度、屈曲(倒す動き)は約90度が限界です。手首のケガを防ぐため、曲げ過ぎないようにして行いましょう。



後頭筋〜頸部をゆるめる

後頭筋の働きと頸部の筋肉のつながり


 後頭筋群は後頭部の深層にある、小さな4つの筋肉(小後頭直筋、大後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋)から成り立っています。その起始は、後頭骨上項線、停止は帽状腱膜。頚部の筋肉と連携して、頭部の微妙な動きを支える働きをしています。
 今回は、後頭筋にそのものにアプローチするのではなく、「頸部の筋肉(頭状板筋など)〜後頭骨上項線」に触れていきます。なぜなら、後頭骨上項線には、頭状板筋や、僧帽筋、胸鎖乳突筋など、さまざまな筋肉が付着しているから。後頭骨上項線にしっかり触れることで、頸部の緊張がゆるみやすくなります。



頸部へのアプローチ

①手を首の横から差し入れ、頸椎7番の脇に四指を当てます。

②指を立てるようにして、クライアントの頭の自然な重みで圧します。これを頸椎7番→1番→後頭骨の上項線まで行います。

③最後に、後頭骨の上項線を指でクリクリとまわして刺激すると、頚部の筋肉や後頭筋を効果的にゆるめることができます。



プロフィール

甲原稚菜(かんばらわかな)さん

エステティックサロン「Loretta」オーナーセラピスト。大手外資系サロン勤務時に西日本拠点で指名顧客数No.1、新規顧客獲得率95%以上を得た実力派。トレーニングマネージャーやマニュアル制作など、要職歴任を経て、独立。
セラピスト向けの技術指導やコンサルティングも行う。http://lorettaloretta.com/

クレイセラピー

おすすめコンテンツ vol.1

「セラピスト4月号」3月7日に発売!

特集は「和精油の教科書」&「SNSブランディング」。...

「美しくなるフードセラピー Vol.5」発売中!

フードセラピストになりたい! 実践したい方必読!...

「精油」に関するアンケートご協力のお願い

セラピスト4月号「和精油特集」に合わせて実施中!...

グローリー

SPC

長生学園

GP小顔

食学協会

JREC

CCT協会

IMSI

おすすめコンテンツ vol.2

特集企画「和精油の教科書」スペシャルコンテンツ

「全国和精油マップ」と「ブレンドレシピ」を公開中!...

「女性ホルモン フェイシャル特別テクニック」習得セミナー開催!

女性ホルモンの基礎知識から、肌への影響までを学ぶ!...

アロマスクール「ブランディング動画」公開!

「セラピスト誌」が動画を制作しました!...

grace

メディックス

ビジョンダイナミックス

ハーバルインデックス

日本治療協会

アロマハンドAHTA

バナー広告募集(自社)

日本ホリスティックケア研究所

湘南自然療法院

アロマ試験バナー(自社)

電子書籍販売

バイオラブ

アロマ生活365日

アロマ試験バナー(自社)

電子書籍販売

販売協力店募集

10行広告募集

TNCC〜繁盛サロン

このページのTOPに戻る