セラピスト10月号、「マイサロンの魅せ方、作り方」掲載

投稿日:2015年9月17日 更新日:

現在発売中の「セラピスト10月号」で、「サロンの様々なコーディネート」を紹介しています。
ここで紹介するのは、インテリアコーディネーターでありながら、オーナーとして東京・世田谷区でスパを運営する島田姉妹。センスと思いが詰まった「スチームSPA Jelas」のフォトギャラリーです。

 

サロンの内装は手作り。床はダークブラウン、壁はターコイズブルーに配色することでオリエンタルな雰囲気を醸し出し、個性を演出しています。

 

150917ina01.jpg

 

施術ルームは、全てのシーリングを使うと部屋全体が明るくなり過ぎるという悩みがありました。そこでシーリングの数を減らして、施術室には仄かな明かりのLEDライトを使用。遮光のカーテンを閉めるとブルーの壁が穏やかな色に変化し、ゆったりとセラピーを受けられます。

 

150917ina02.jpg

 

ベッドのサイドテーブルには、LED電池式のアロマキャンドルを設置。ディフューザーのようなゆらぎ感があり、リラックス効果が高まります。

 

150917ina03.jpg

 

アジア系の雑貨店で選んできた小物や飾りをセンス良く活用しています。ラメ感や煌びやかさが、シンプルなデザインの店内を鮮やかな雰囲気に。下段のLEDライトで光る小物入れは、ターコイズブルーの壁に反射し、美しい造形が壁に浮かび上がります。

 

150917ina04.jpg

 

玄関に設置されている電気のブレーカーを、セレクトショップで購入したアジアンテイストのクッションカバーで隠しています。エアコンのダクト、玄関のチャイムなど、生活感を出さないよう工夫するのもアイデアのひとつといえます。

 

150917ina05.jpg

 

室内履きはモロッコから取り寄せたバブーシュ。玄関のタイルは廃材を活かし、室内と同じブラウン調に自ら仕上げました。サイドはプラスチック段ボールを貼り、おしゃれなタイル風にしています。これらも全て手づくりです。

 

150917ina06.jpg

-
/ /

おすすめ記事

食べもののチカラ。

こんにちは〜。 セラピスト編集部のHです。 東京は温かい一日です。 ぽかぽかした日が気持ちよくて、幸せ・・・(もう家に帰 …

嗅覚を退化させないためにも「アロマテラピー」を!

東京は桜が開花し、今週末には見頃を迎えますが、2週間前に「セラピスト4月号」を発売した編集部員は、既に6月号の編集に取り …

8つのポイントをチェック! 「足裏分析ワークシート」

足が「心身を語る」ということを知っていますか? 色や角質、シワに皮剥け、匂いまでが全部、その方の体の伝言です。 下記の手 …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD