3月27日(火)、クラニオセイクラル・バイオダイナミクスのイベント「クラニオ・デイ」が東京で開催!

投稿日:2018年3月29日 更新日:

 3月27日(火)、桜咲く春の日差しの中、ボディワークの1つである、クラニオセイクラル・バイオダイナミクスを体験できるイベント「クラニオ・デイ」が、東京・神楽坂で開催された。

 

 「クラニオセイクラル」とは、「頭蓋=クラニアム」と「セイクラル=仙骨」を合わせた言葉で、一般には、頭蓋仙骨療法と言われている。
 セラピストがクライアントに優しく触れることにより、共に静まり全体性につながっていくものであるが、クラニオセイクラルの創始者・W.G.サザーランド博士は、頭蓋〜脊髄・仙骨に至る部分に、肺呼吸などとは異なる、原始的な “生命の呼吸”も知覚できるとしている。

 

20180329_h_1.jpg
(右の写真が、サザーランド博士)

 

 主催者の一人であるセラピストの山田岳さんは、「クラニオセイクラル・バイオダイナミクスのセッションでは、クライアントとともにセラピストの心身を静めていきます。すると、クライアントに安心感が生まれることにより、生命の呼吸が表れるのです。生きる力が呼び覚まされ、身体、心、魂が健やかさに向かっていきます」と語る。

 

 イベントでは、言葉で説明するよりも体験してもらうことを優先したいと、座学などはあえて設けず、8名のセラピストが50分のセッションを20人の方に提供した。

 

20180329_h_2.jpg
(セッションの様子)

 

 体験した参加者からは、「自分の身体をより内側から見ることができ、本来のダイナミクスが感じられました」という声や、「悩んでいたことで自分を責めていたけど、セッションを受けて、悩みも自分も受けいれることができた」「楽になった」「自分と向き合うことができた」などの感想が聞かれた。

 

 また、プラクティショナーからも、「楽しかったです。静けさの中であっという間に終わりました」「サザーランド博士に感謝しつつ過ごせた一日でした」といったフィードバックがあった。

 

 「クラニオセイクラル・バイオダイナミクスで呼び覚まされる呼吸…。この呼吸こそが、”全体と調和しながら私たちの身体を形作る力”となっているのではないか、とバイオダイナミクスのセラピストは考えています」と山田さん。

 

 次回「クラニオ・デイ」は、来年に開催予定。東京ほか、開催場所を広げることも企画している。
 ただ共にいて、触れるだけでありながら、命の息吹を感じられるダイナミックなセラピー。ぜひ今後の予定もチェックしてほしい。

 

 詳細は、Afferent(https://www.afferent-psychosomatic.com/)まで。

 

-

おすすめ記事

心が「花」に表れる。押し花セラピー

11月23日に、押し花セラピーのワークショップが開催されました。 講師は、押し花作家の若林佳子さんと、心理カウンセラーの …
no image

精油のブレンド技術が……これで上がります!

こんにちは〜。 セラピスト編集部のササキです。 お久しぶりの本日は!読者の皆さまへオススメ本のご案内です。 セラピスト本 …

セラピスト12月号、顧客満足度を高める7つのポイント

11月7日に発売します「セラピスト12月号」。 その特別企画として、「顧客満足度を高める7つのポイント」を紹介しています …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD