run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...

セラピーライフTOP > 連動動画 > 【2016年2月号】鈴木亜紗美の「セラピストのための食養学」

連動動画

【2016年2月号】鈴木亜紗美の「セラピストのための食養学」

フードセラピーとして活用できる「食養学」について、詳しく解説!

正しい「食」の知識を身につければ
未病を予防することができる!


セラピーサロンを訪れるお客さまの多くが、何らかの疾患を抱えているか、不健康で、病気に進行しつつある状態、つまり病気になる前の「未病」の状態にあります。この未病を癒し、本格的な予防を行うことが、医師ではないセラピストの、もう1つの役割でもあります。そのためにセラピストはさまざまな手技や心理療法を用いますが、「食」で身体の中からアプローチすることは、あまり行われていません。そこで今回は、フードセラピーとして活用できる「食養学」について、国際食学協会の鈴木亜紗美さんが詳しく解説します。また第7の栄養素として注目を集めているフィトケミカルを含みバランス良く栄養素を摂取できるスペシャルレシピもご紹介します。

m203_p1_1.jpg

この講座は『セラピスト』誌がプロデュースする、WEB動画サイト
「セラピーネットカレッジ」でご覧いただけます。

【詳細はこちら】

鈴木亜紗美の「セラピストのための食養学」



【スマホで見る場合はこちら】



 



このページのTOPに戻る