実行中です...

セラピーライフTOP > フォトギャラリー > ストレスによる身体の冷えに有効なケアは?

フォトギャラリー

ストレスによる身体の冷えに有効なケアは?


こんにちは!

セラピスト8月号の第1特集「温活セラピー」から、
中医学的な冷えのケアをご紹介します。

今回、取材をさせていただいたのは、
神楽坂ホリスティック・クーラの院長、石垣英俊(いしがき ひでとし)さんです。

150724_tan5.jpg

ストレスの多い現代は、自律神経の交感神経が優位になりすぎ、
その緊張で身体が冷えてしまうそうです。
そこで意識したいのが、肋骨。
緊張状態が続くと呼吸が浅くなり、肋骨も柔軟性を失います。
肋骨を開くと呼吸が深くなり、身体も心もゆるめることが出来るのです。
まずは、肩甲骨の間に手をクロスさせて置き、肋骨を開くように外に向けて圧をかけます。

150724_tan4.jpg

このとき、膏肓(こうこう)というツボも大切なポイントになるのですが、
詳しくは本誌でご覧くださいね。

下の写真のように片側ずつ念入りに開いてもOKです。

150724_tan2.jpg

次は胸椎の外側に指を置いて身体をゆさゆさ。
ここでも肋骨の緊張を緩めます。

150724_tan1.jpg

そして、もう一つ大切なツボが合谷(ごうこく)。
ここは呼吸と消化系の大元締めのようなツボなので、
食欲のない時に刺激してみるのもいいですね。
気を補って、熱もつくり出してくれるそうです。

150724_tan3.jpg

本誌には、さらに詳しい解説も載っているので、
ぜひご覧ください。

それではまた〜
2015.07.24

クレイセラピー

おすすめコンテンツ vol.1

「セラピスト4月号」3月7日に発売!

特集は「和精油の教科書」&「SNSブランディング」。...

「美しくなるフードセラピー Vol.5」発売中!

フードセラピストになりたい! 実践したい方必読!...

「精油」に関するアンケートご協力のお願い

セラピスト4月号「和精油特集」に合わせて実施中!...

グローリー

SPC

長生学園

GP小顔

食学協会

JREC

CCT協会

IMSI

おすすめコンテンツ vol.2

特集企画「和精油の教科書」スペシャルコンテンツ

「全国和精油マップ」と「ブレンドレシピ」を公開中!...

「女性ホルモン フェイシャル特別テクニック」習得セミナー開催!

女性ホルモンの基礎知識から、肌への影響までを学ぶ!...

アロマスクール「ブランディング動画」公開!

「セラピスト誌」が動画を制作しました!...

grace

メディックス

ビジョンダイナミックス

ハーバルインデックス

日本治療協会

アロマハンドAHTA

バナー広告募集(自社)

日本ホリスティックケア研究所

湘南自然療法院

アロマ試験バナー(自社)

電子書籍販売

バイオラブ

アロマ生活365日

アロマ試験バナー(自社)

電子書籍販売

販売協力店募集

10行広告募集

TNCC〜繁盛サロン

このページのTOPに戻る