run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...

セラピーライフTOP > 連載 > セラピスト・清末悦子のナチュラル・ヘッドスパ入門 Lesson7

連載:

セラピスト・清末悦子のナチュラル・ヘッドスパ入門 Lesson7

ヘナペーストの塗布とマッサージ/クーリング&リンス

spa.jpg

ナチュラルヘッドスパは、できる限り天然の素材を使い、インドのアーユルベーダを取り入れた独特なトリートメント法です。頭皮ケアの重要性が認められ、ヘッドスパへの関心が高まるなかで、さらに一歩進んだ要素として、自然素材を使用し、私たちが本来持っている自然治癒力を引き出す、ホリスティックなアプローチをすることが大きな特徴。この連載ではナチュラルヘッドスパの基本をお教えしていきます。




ヘナペーストの塗布とマッサージ

 オイルマッサージで頭皮をやわらかくした後は、ヘナペーストを塗布していきます。ヘナは頭皮にも髪にとっても、高いトリートメント効果があるので、地肌と髪全体にしっかりとなじませます。その後、ミスト加温器で温めることで、有効成分が肌や髪へ浸透するのを補助。血行とリンパの流れが促進され、頭皮の新陳代謝とデトックス効果を高めます。



ヘナのペースティング

温めたクリーム状のヘナペーストを、まず頭皮にマッサージをするように丁寧に塗布。続いて髪全体にヘナがまんべんなくからむように、たっぷりとつけていきます。

ヘナペーストを用意して、冷めていないか、粘度やダマができていないか、などについて確認します。冷めたペーストでは、心地よくないばかりか、浸透率が落ち、香りも薄れるので、リラクセーション効果が低下します。


7_1.jpg


7_2.jpg




7_3.jpg


1.ヘナを手にとり、前頭部中央の髪をかき分けて、ここの頭皮から塗布します。


7_4.jpg


2.前頭部は中央から両サイドに生え際から頭頂部に向けて塗布します。髪と地肌にもしっかりと塗っていきます。


7_5.jpg


3.後頭部は下から手を入れて、髪を掻きあげながら、横にスライドするように塗布していきます。





7_6.jpg
4.経絡に沿って、頭部全体にヘナペーストをからめながら、指を頭皮に当ててマッサージをするような要領で塗布します。


7_8.jpg


5.髪全体がパックされるように、たっぷりとペーストで覆われるようになればOKです。ペースティングが完了したら、スチームの調整を行います。


ミスト加温

ミスト加温器で髪を温めます。ヘナの有効成分が頭皮や髪に浸透するのを助けることで、頭皮と髪へのトリートメント効果がアップ。心地いい温度でリラクセーション効果も抜群です。

7_9.jpg


6.ミスト加温きに温度を調整して、専用のシャワーキャップを頭に装着します。このまま約15分放置。『マァナ』ではこの時間を利用して、サービスとしてフットマッサージを行っています。
*フットマッサージの方法は略します。


クーリング&リンス

じっくりと温まった後は、一気に冷やします。加温放置の間に行ったフットトリートメントにより足はポカポカ。頭を冷やすことで「頭寒足熱」の、格別な爽快感とリフレッシュ感が得られます。さらにヘナが毛髪に定着しやすくなり、頭皮が収れんして、雑菌が毛穴に侵入するのを防ぎます。その後、ヘナをきれいに流します。



クーリング
加湿器を外したら、扇子やうちわなどで風を送って一気に冷やします。原始的な方法ですが、手で仰ぐので微調整がしやすく、一定の風力ではない、心地よさが得られます。


7_10.jpg


1.ミスト加温器の装置を切り、シャワーキャップをはずします。ここで、扇子やうちわなどで扇いで風を送ります。このクーリング方法は試行錯誤の結果ベストな方法として定着したもの。ほか冷たいタオルを使用する方法もあります。


お流し

髪全体を冷ましたら、ぬるま湯でヘナを落とします。お湯加減をクライアントに確認しながら、適温でていねいにすみずみまで流しましょう。


7_11.jpg


2.シャワー口から湯を出し、自分の手首で温度を一度確認します。そのうえで、クライアントの耳の下あたりにシャワーを当て、「お湯加減はいかがでしょうか?」と伺います。温度調整をしたら、すみずみまでヘナを流します。


(Lesson7 おわり)

セラピスト・清末悦子のナチュラル・ヘッドスパ入門

このページのTOPに戻る