睡眠とセラピー

投稿日:2018年5月24日 更新日:

こんにちわ。

現在発売中のセラピスト6月号の蒸留特集、いかがでしょうか?

何名かの知り合いのセラピストさんたちから、「蒸留器買ったよ〜」というお声をいただき、

やはり、今蒸留がきてることを実感しました。

 

小さいときから眠れない

 

さて、気持ちを切り替えて次号のセラピストの話題へ...

次号の特集は、「園芸セラピー」と「睡眠とセラピー」がテーマ。

実は私、小さい頃からなかなか寝付けなかったり、眠りながらどっかに行ってしまったり、

その他諸々…と睡眠についての悩みが人より多いので、取材が楽しみなのです♪

 

大人になったいまは、「アルコール」という心強い味方ができたのですが、

やはり熟睡できていないのか、日中だるかったり、うとうとしてしまうこともしばしば。

最近はラベンダーを焚いてみたり、夜は自宅の照明を薄暗くしてみたり、筋トレしてみたり、

と色々試しているところです。

※画像はイメージですw

 

理想の眠りの環境とは?

 

調べてみると、睡眠障害と言われるものには、ベッドに入ってもなかなか寝付けない「入眠障害」、

夜中や朝早くに目覚めてしまう「途中覚醒・早期覚醒」、眠れてはいるのに熟睡できない「熟眠障害」の3つがあるそうです。

そして、私は、素面でベッドに入ると2、3時間眠れないこともザラにあるので、

入眠障害では無いかと自分では考えているのですが、すんなり眠れる日もあるので、

自分では何とも言えません。

眠れない日はアロマを焚いたり、暖かい飲み物を飲んだりしてもダメなのです。

 

しかし、一昨日気付いたのが、「まくらが無いほうが眠りにつきやすい」!!!

この大発見により、一昨日と昨日は気がついたら朝でした♪

そういえば、以前母が「首のシワが深くなるから枕なしで寝る」といっていたので、

これは一石二鳥かもしれません。

疲れているのに眠れないという方は、一度お試しあれ★

編集部AKI

 

 

-

おすすめ記事

「お客さまに愛される接し方・話し方」講座が開催!

元テレビ東京アナウンサーで大正大学客員准教授の大平雅美さん。 接客のスキルアップを目指せる!  元テレビ東京アナウンサー …
no image

冬本番!人気鍼灸師・エステティシャンが教える「冷え性対策」

鍼灸師・エステティシャンとして全国で活躍し、腸セラピーや経絡ケアを行う大山招子さん。大山さんの元に訪れるクライアントも、 …
no image

毎日のセルフケアに!女性ホルモンを整える「セルフリフレクソロジー」

『セラピスト』本誌にて、生理不順や無月経のクライアントのためのリフレクソロジーを紹介してくれた、「鎌倉ヒーリングサロン …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD